看護部サイトへようこそ
看護への考え方

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

看護部長 人材育成にかける思い

当院では、急性期病院の看護師として、専門的な知識や技術の習得とともに、患者の心に届く看護実践ができるよう、看護の心を動かす教育を強化したいと考えています。
そのために、心が動いた看護実践の振り返りを重視していることから、このページでは、看護部長が体験を振り返りながら、当院の人材育成にかける思いを綴っていきます。

 

患者さんが求めることには必ず意味がある
私がまだスタッフだったころの話です。40代の女性が末期がんで入院してこられました。転移がひどく手の施しようがない状態で、積極的な治療を断念された方でした。腹部の痛みが強くみられたその方は、枇杷の葉を温めたこんにゃくに包んで湿布すると、痛みの緩和に効果があるという民間療法を希望されました 。疼痛緩和として麻薬の使用をする・・・つづきを読む>>>

患者さまにはひとりの人として、敬意を持って接してほしい
私が病棟師長の頃の話です。3人の子どもを持つ40代の女性が、末期がんで入院されていました。ある日、訪室したとき「痛みはどうですか?」「苦しくないですか?」と、体を気遣う言葉をかけると、その人は顔をゆがめてこう訴えました。「I am cancer ではない。I have a cancer なんです」。私自身がガンではなく、私自身がガンではなく、私は ・・・つづきを読む>>>

看護の力で患者さまが集まる病院を目指したい
私が初めて看護師長になったのは平成元年。総合病院の泌尿器科病棟の師長が出発でした。初めての管理診療会議に出席したとき、副院長から、入院患者数が減っていることに対する意見を求められました。着任したばかりだった私は考えを持っておらず、返答に困りました。すると「師長がそんなことでは困る」という指摘を受けたのです ・・・つづきを読む>>>

気持ちに寄り添うことが看護だと気づいた出来事
私がまだ新人看護師の頃の話です。勤務する病棟に、肺がんの27歳の男性患者さんが入院してこられました。当時はがん告知をすることは殆どなく、その方にも病名は伏せている状態でした。主治医は患者さんに「手術をしたら治る」という説明で開胸したものの、腫瘍は取り除ける状態ではなく、何もせずにそのまま閉じて手術を終えました ・・・つづきを読む>>>


PAGE TOP