看護部サイトへようこそ
私たちの職場

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

東病棟師長 東野智佐江


患者さまの生活を考える看護

当病棟は、主に脳神経外科の術前・術後の患者さまが入院されています。術後の観察や早期離床の援助、障害を残す可能性がある患者さまには、その後の生活を一緒に考えることが求められ、入院時から退院後を見据えた支援が必要になってきます。
当病棟のスタッフは若い人が多く、みんな前向き。ひとりの患者さまのために、何とかしたいと考えられる人がたくさんいます。食べることが出来ない患者さまには「どうしたら食べられるだろう?」とみんなで考え工夫する、そんな看護をしています。

多職種で協働できるように

病院は、医師だけ、看護師だけでは成り立たない現場であり、全てのスタッフが同じ目標に向かい、チームワークを発揮して回復への援助に取り組むことが大切です。
多職種で力を合わせて「この病院をに入院して良かった」と患者さまやご家族に言っていただけるように協働できる環境を整えるのが私の役割。みんなやりがいを持って働けるように導いていきたいですね。

今年度から、当院では地域連携を強化して、退院支援に力を入れています。当病棟のスタッフも、患者さまやご家族とコミュニケーションを密にしてその人が望む退院先を選択し、その実現に向けたサポート体制を整えて、退院支援ができる力をつけていきたいと思います。

想いに寄り添える看護を

私が看護師をめざしたのは、手に職をつけて一生働けるようにと母が薦めてくれたから。その資格を活かして長年看護を続けてきました。
これまでたくさんの患者さまと出会いましたが、忘れられないのは術中に多量出血で生死をさまよい、術後の回復に時間がかかりながらも元気になられたAさんや、私が訪室すると安心だと言って亡くなられたBさんのこと。他にもたくさんの患者さまが私を支えてくれたから看護師を続けられたのだと思います。

当病棟のスタッフにもそんな気持ちを持ちながら、相手の立場で物事を考え、患者・家族の想いに寄り添える看護をしてほしいと願います。
もちろん気持ちだけではなく、その時ベストの判断が出来るように、知識と技術を高めることもサポートしようと考えています。



PAGE TOP