看護部サイトへようこそ
私たちの職場

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

東病棟 看護師長 松村千鶴


患者さんにどうしてあげたいかを常に考え合う風土

当病棟は、主に脳神経外科の術前・術後の患者さまが入院されています。術後の観察や早期離床の援助、障害を残す可能性がある患者さまには、その後の生活を一緒に考えることが求められ、入院時から退院後を見据えた支援が必要になってきます。当病棟のスタッフは問題意識の高い看護師が多く、患者さんがもっと良くなるためには、自分たちに何ができるのか?何を提供するべきかをしっかりと考え、日常的に情報交換をし、お互い学び合う風土がある職場です。

高いレベルで「安心・安楽を第一にした看護」の実現を目指して

私たちの職場では、「安心・安楽を第一にした看護」の提供を最優先しています。例えば、認知症や高機能障害の患者さんは転倒・転落をする可能性が高いのですが、それを単に防止するだけに留まらず、患者さんの入院生活に対して高いレベルで看護を提供していきたいと思います。また、当院では地域連携を強化して、退院支援に力を入れていますが、患者さんやご家族とのコミュニケーションを大切にし、望まれる退院先、適切な退院先を選択できる退院支援をしていきたいと考えています。

スタッフ個々の持ち味を活かして、組織として看護の質を上げていきたい

私は、個々のスタッフとの関わりの中で、最も重要視していることは、仕事について直接的にコミュニケーションを取ることです。その中で、できるだけ承認すべきところを評価し、言葉にして伝えていきたいと考えています。人それぞれ持ち味が違うので、それぞれの持ち味を組み合わせて、組織としての強みをより大きくし、病棟全体で看護の質を上げていきたいと思っています。一つ一つの仕事を丁寧にし、何が大事なのかを考え、意図をもって仕事に取り組み、一人ひとりがさらに成長していくことができる職場づくりをしていきたいです。



PAGE TOP