看護部サイトへようこそ
私たちの支え

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

 



保育施設に救われた思い

主任看護師 玉井寛子
転居により転職を余儀なくされた私は、働くために住居の近くで保育所を探しました。しかし、待機児童が多く、保育所にすぐに入ることはできないとのこと。「どうしよう・・・」と困っていた時に見つけたのが当院でした。

当院には隣接する保育施設があって、いつでも子どもを受け入れてくれることを知り、救われた思いがしました。けれど「子どもがいたら気を使う病院では長続きできない」と不安になって、実際働いている看護師さんに話を聴くことに。すると「子育て中の看護師が多いから大丈夫よ」という言葉をいただき、背中を押されて当院に再就職。3人の子どもは保育施設でお世話になっています。

私らしく生きるために

私が看護師になったのは、心筋梗塞で入院した祖父を支えてくれた看護師さんのケアに感激したからでした。私も祖父がお世話になった看護師さんのように、かゆい所に手が届く、そんな看護がしたいと思って頑張っています。しかし、いつも子どもたちの傍にいてあげられないことに後ろ髪を引かれる時も。そんな時は、師長をはじめ子どもを持つ多くのスタッフの働く姿を見て「私もできるはず!」と自分で自分に言い聞かせるようにしています。

仕事中は、子どもたちはすぐ隣の保育施設に預けていますが、子どもと一緒の時間が少ないからこそ、子どもと一緒のときは充分愛情を注げるし、仕事があるから、私らしく生きられるような気がします。
看護師でいる間は患者さまに気持ちを注ぎ、白衣を脱いだらすぐに子どもの元に行って母に戻り、子どもたちに気持ちを注ぐ。そんな職場環境に感謝する毎日です。

他にも子育て中の看護師をご紹介>>>

仕事を離れてリフレッシュ!!いつも仲間が支えてくれる・・・。これも頑張れる秘訣です。



◆ソフトボール部
2ケ月に1回ぐらいのペースで実施。おもな活動場所は、大泉緑地球技広場、浜寺公園ソフトボール場、住之江公園球技広場などです。メンバーは、約30名で、全部署にメンバーがいます。汗を流したあとは近場のスーパー銭湯ですっきりし、至福を感じる飲み 会を楽しんでいます。

◆バスケ&バレー部
当初、6名で始めた部活動も、今では 25名になりました。部活動は3カ月に1 回ペースで行い、その帰りに、飲み会、 バーベキューなど、みんな一丸となって楽しく盛り上がっています。

PAGE TOP