看護部サイトへようこそ
認定看護師の「眼」

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

10月:新たな認定看護師が誕生しました

新認定看護師、看護への思い 

認定教育課程を終えて病院へ戻ったのが今年の2月。久しぶりに患者さまのもとへ行き、看護をすることが本当に楽しくて、うれしく思ったことをすでに懐かしく思います。
その後は発表まで不安に押しつぶされそうになりながら結果を待つ毎日でした。
7月7日に合格発表があり無事に合格することができました。職場の皆様や家族、友人に支えていただき、だせた結果であると考えています。認定看護師になり3か月が経過し、院外での会議やワーキンググループでの活動にも参加させていただき、新しい環境の中で緊張の連続で刺激的な毎日を送らせていただいております。

私がよく感じるのは、脳卒中を突然発症し、命にかかわるかもしれない、後遺症が残るかもしれないという過酷な状況に陥った患者様のそばに行き看護をすることを、私は許されたのだということ。私は看護師で病院に勤めていれば当然のことかもしれないけれど、大変な状況の患者さまに看護をしてよいと指名をされてこの状況にいるのだと感じるのです。そうすると、看護ができることへの感謝の気持ちと指名された私に何ができるのか何をしなければならないのかと最善を尽くしたいという思いが沸いてきます。その気持ちを目の前にいる方への敬意として表し看護に込めて提供したいと考えます。

認定教育課程を終えて、当院HCU病棟の看護師たちを見ると、患者さまのために目を向け耳を傾けて、根気強く関わっているのがよくわかります。もちろん、私を含めてまだ完璧ではありません。今後も、最善を尽くしたと胸を張れるように、目の前の患者様のことで悩み、模索し、時には振り返りながら看護を行っていきたいと思います。看護は悩めば悩むほど、やりがいへとつながっていくと考えます。
私もまだまだ未熟ですが、看護師はもちろん多職種も一緒に患者のために悩める、そして喜べる病院にもっともっとしていきたいです。そのために、認定看護師としていつも前向きに先頭を切って走っていくよう活動を行っていきたいです。


脳卒中リハビリテーション看護 認定看護師
松村千鶴

 



 

PAGE TOP