看護部サイトへようこそ
認定看護師の「眼」

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

8月:メディカ出版 「これならわかる!脳神経外科ドレーン管理」執筆


本を出版させていただきました

この度、メディカ出版より、ブレインナーシング別冊として「これならわかる!脳神経外科ドレーン管理」という本を出版させていただきました。今回は、写 真や図を多く用いて、新人看護師や、または初めて脳神経外科看護やドレーン管理に携わる看護師にわかりやすいというコンセプトにそってというご依頼でした。

脳神経領域の急性期看護は、看護師の“観察力”が大変重要です。脳神経外科におけるドレナージは、手術後の合併症の予防や、脳の環境を整えるという重要な役割があります。そういう意味でドレーン管理は、手術後の患者様の生命予後だけでなく、身体機能予後や生活の予後を大きく左右します。脳神経領域の看護には、脳卒中や外傷によって受けられた障害を今より悪くさせないということ、今後の生活を見据えた看護ということが大切です。患者様のQOLを考え、何のためにドレーン管理が必要なのかという本来の目的を理解し て、管理を行っていただけたらと思います。執筆にあたっては、脳卒中の患者様の生活をよりよいものにするために役立ててほしいという希望をもってすすめてきました。

また、来月号の連載も執筆させていただいています。これらのことを機に、ブレインナーシングの企画委員にもご依頼をいただきました。本当に皆さんのお役にたてるものを提供できるように、しっかりと現場の意見を伝えていきたいと思っています。皆さんのご意見を聞かせていただきたいと思いますので、ご協力お願いします。

 



 

PAGE TOP