看護部サイトへようこそ
認定看護師の「眼」

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

認定看護師の「眼」

認定看護師が、脳卒中の患者さまやそのご家族に対する看護について日々思うことや、院内外での活動などを綴ります。

脳卒中リハビリテーション看護 認定看護師:梅田麻由

脳卒中リハビリテーション看護 認定看護師:松村千鶴

10月:新認定看護師、看護への思い

新たな認定看護師が誕生しました
続きを読む>>>

7月:啓発活動を行う必要性を実感

地域の老人施設で出張講座を行いました
続きを読む>>>

4月:学会参加で視野が広がる

「STROKE 2015」という学会に参加してきました
続きを読む>>>

2月:多くの看護師に伝えたいこと

「患者・家族のメンタルサポート」というテーマで研修を行いました
続きを読む>>>

12月:研修会

患者さんの体験談を伺う研修会を開催しました
続きを読む>>>

10月:日本脳神経看護研究学会

学会に参加してきました
続きを読む>>>

9月:雑誌「ブレインナーシング」の企画委員になりました

企画会議に参加してきました
続きを読む>>>

8月:メディカ出版 「これならわかる!脳神経外科ドレーン管理」執筆

本を出版させていただきました
続きを読む>>>

7月:脳卒中患者の重篤化回避のための看護技術向上に向けた取り組み

麻痺評価方法の統一
続きを読む>>>

6月:新人看護師教育プログラムA

麻痺、瞳孔の観察の仕方
続きを読む>>>

5月:新人看護師教育プログラム

新人看護師から教わることも・・・。
続きを読む>>>

4月:アロンティアクラブで行われた症例発表会

多職種からの興味深い発表が。
続きを読む>>>

3月:「日本脳卒中学会」でセミナー講師

社会保障制度〜発症直後から患者を支える社会保障制度。
続きを読む>>>

2月:勉強会「失行」とは?

「高次脳機能障害」勉強会「失行」について。
続きを読む>>>

1月:病棟での勉強会

先月より、毎月各病棟での勉強会を「高次脳機能障害」のテーマで行っています。
続きを読む>>>

12月:看護学生さんに講義をしました

『脳神経外科の手術後の看護』をテーマに講義をさせていただきました。
続きを読む>>>

11月:院内カンファレンスで発表

病棟間・多職種の連携をめざした患者様への看護について発表を行いました。
続きを読む>>>

10月:各病棟に出向いての勉強会

毎週第一水曜日は、各病棟に出向いて、15分程度の勉強会を行っています。
続きを読む>>>

9月:くも膜下出血についての勉強会

院内でくも膜下出血の勉強会を開催し、講師をさせていただきました。
続きを読む>>>

8月:リハビリテーション科との協働で発表会

当院のような急性期病院での脳卒中リハビリテーション看護で求められることは・・・・・
続きを読む>>>

7月:院内で実施したBLS実技講習会

-PAプロジェクトチーム主催で、院内においてBLS実技講習会を行いました。
続きを読む>>>

6月:新入職のリハビリテーションセラピスト勉強会

新年度となり、当院にもたくさんの新入職員の方が入職されました。
続きを読む>>>

5月:大学で講義をさせていただきました

藍野大学短期大学部 第一看護学科の学生さんを対象に講義を行いました。
続きを読む>>>

4月:講習のインストラクターをしてきました

脳卒中患者への迅速な対応ができる医療者を養成する講習会でインストラクターをしました。
続きを読む>>>

3月:看護倫理について考えてみました

先日、日本脳神経看護研究学会の主催する「脳神経看護セミナー」に参加してきました
続きを読む>>>

2月:ケアマネージャーさんを対象に講習会を行いました

東大阪市の地域包括支援センターよりご依頼いただき、ケアマネージャーさんを対象に
続きを読む>>>

1月:『脳梗塞について』というテーマで勉強会をしました

年末に『脳梗塞について』というテーマで勉強会を開催しました。全職員にお知らせし、さまざまな
続きを読む>>>

12月:『脳のはたらき』というテーマで勉強会をしました

脳には、その場所によってそれぞれのはたらきがあります。今月は院内で脳の勉強会をしました。
続きを読む>>>

11月:脳卒中リハビリテーション看護の認定看護師って?

今月は、脳卒中リハビリテーション看護の認定看護師って何をする人かを説明したいと思います
続きを読む>>>

これからの活動を師長会で報告

『脳卒中リハビリテーション看護認定看護師』としてこれからどんな活動をしていくかを師長会で報告しました。
私の役割は、エビデンスに基づく実践・指導・相談を行うことで、患者のQOL向上を目指し、看護の質向上に貢献すること。
そのために、各部署、他職種との協働をし組織横断的な活動をしようと考えています。
まずは、各病棟のラウンドを行い、コミュニケーションを図り看護の問題点や困っている事がないかを話して現状を把握すること、全てのスタッフに顔を知ってもらうことから始めようと思います。
このページからも活動状況の報告をしていきますのでご期待ください。

PAGE TOP