一人ひとりの患者さんに何が良いのかを考えて、回復に寄り添えるのが看護師の仕事の魅力

Pocket

西國優子
私は、人と関わる仕事がしたいと考えていましたが、高校生の頃は具体的に職業をイメージすることができませんでした。母親から助言があり、看護師の道に進むことにしました。新人の頃は、未熟な状態なのでミスをすることも多々あり、しんどいことも辛いこともありました。しかし、患者さんと関わることで乗り切ることができていました。私は整形外科の病棟にいましたが、例えば骨折をした患者さんは、骨折をする前は問題なく過ごしてきた生活が一変します。私たち看護師は入院生活が始まり、手術、リハビリという過程の中で不安を抱えている患者さんの回復に関わっていきます。回復していく姿は私にとっても大きな励みになり、多少の辛いことは乗り越えることができました。思ったようにうまくいかない時も、患者さんが良くなる姿を浮かべながら、患者さんにとって、今、何が必要かと考えることで仕事が楽しくなりました。一人ひとりの患者さんは治療の段階も違いますし、個性も違います。一人ひとりの患者さんに対して何が良いのかを考えて、回復に寄り添っていけるのが看護師の仕事の魅力だと思います。


不安の中にいる患者さんに安心してもらうために、何をする時も声掛け一つ大切にしていきたい

私が看護をする上で大切にしていることは、患者さんに安心を感じてもらうことです。患者さんは皆さん不安の中にいるので、不安を取り除くことを第一に考えています。そのために、私は何をする時でも声掛けを大切にしています。布団を掛ける時、体の向きを変える時などちょっとした声掛けで患者さんの表情や言葉に安心感が感じられることが多々あります。また、私たちの仕事はとんでもなく忙しい時があります。そんな時も、患者さんに不安を感じさせてないように心掛けています。雑な行動を決してしない、しんどそうな表情を見せない、適当な言葉を掛けないなど、あくまでも患者さんに不安を感じさせないように配慮します。仕事をしているとミスをすることはあります。当然、落ち込みますし、滅入ります。しかし、ミスをした事実は変わらないので、何が良くなかったのかをしっかりと振り返ることにしています。患者さんの安心の提供を意識すると、反省も前向きな気持ちでできるので、自分にとっても成長機会になっていると思います。


一番つらい人の回復のプロセスを共に歩も、高度な知識を活かせるスペシャリストを目指したい

将来的には、何か一つでも良いので、「このことなら西國に聞けばいい」と言われるようなスペシャリストを目指したいです。これからの時代、認知症の方が増えて来ると言われています。認知症の方は、一般的には自分の気持ちが上手く言えない、同じことを繰り返すなどと言われています。なぜ、そうしているのかなどをもっと勉強したいと思います。気持ちを汲み取ることはとても難しいのでそういうコミュニケーションの取り方なども学びたいです。最近は、排泄にも大きな関心を持っています。看護研究をしているうちに興味を持つようになりました。経管栄養をしている患者さん、下痢になりやすい患者さん、お尻がかぶれて来る患者さんなど排泄の勉強をしている中でもそれらを防ぐための、あるいは軽減するためのテーマが様々にあります。現段階では、こんな風に私の中に問題意識の選択肢がたくさん顔を出して来ている状態です。しかし、将来何かのスペシャリストなることができても、一番つらい人のそばにいて、家族ができないことを引き受けて、回復のプロセスを共に歩むことに努め、少しでも高度な知識を活かしていきたいと思います。