知識や業務が理解でき、患者さんの言葉に楽しみが増えてきた

Pocket

就職する前の私は、特に看護師になりたいというのでもなく、女性も職業に就き、しっかり働かないといけないという気持ちでした。祖父が入院したことがきっかけで、そこで目にした看護師さんの患者さんへの優しい振る舞いと、バリバリと働かれている姿からにじみ出るカッコよさに魅了され、看護師になろうと思いました。しかし、看護師になりたての私は、正直言って「しんどい仕事だなあ」という気持ちの毎日でした。覚えることが多い、業務も多いという状況で、仕事をこなすのが精一杯でした。先輩の指導においても、文章化が苦手な私は課題に対してレポートを書くのが一苦労でした。今、振り返れば、知識が足りないので、とても仕事が多いように感じていただけで、先輩とともに振り返り、時々のアドバイスにより、病態を理解し、知識も増え、業務の流れもわかるようになると看護師の仕事が楽しくなってきました。そして、患者さんから頂く「ありがとう」という言葉も次第に増えてきて、励みができると益々楽しみが増えて来ました。

患者さんの不安軽減に役立っているのかを意識し、問題解決の架け橋的な役割も担いたい

私は今、外来・救急外来で働いています。私たちが患者さんと接するのは診察に来られた時のほんの数分です。しかし、病状が悪く、入退院を繰り返されている患者さんは、病院との関わりは長い期間に渡りますし、そういう患者さんがたくさんいらっしゃいます。私は、顔なじみの患者さんに対しては、生活背景や習慣、採血のこと、食事のこと、体調などについて少し確認すればわかるような関係でいることを心掛けています。例えば、薬が飲めていないことを聞けば、なぜ飲めていないのかを聞いたり、考えたりし、地域連携室に連絡をし、生活で困っていることなどの解決の架け橋的な役割も担っています。それらは、不安な気持ちの患者さんの多少なりとも安心に繋がると考えているからです。また、初めて来られた患者さんは、自分はどんな病気なのかもわからない、どれくらい重度かもわからない不安をお持ちです。検査をするにしてもいったい何を、何のためにするのかを一度の説明では理解できないこともよくある話です。患者さんの立場に立って、自分たちは患者さんの不安の軽減に役立っているのかどうかを常に意識し、表情などからタイミングを見てお声掛けをし、現状や検査の内容などを丁寧に説明するようにしています。

後輩たちの指導において、知識や技術が身につくことを一番大切にし、一緒に成長していきたい

私は、患者さんが来られたら、よりスムーズに、処置や手術が行えるようにしていきたいと日々意識しながら仕事をしていきたいと思っています。私自身もまだまだ勉強していくことがたくさんありますが、後輩や新人の指導にも力を入れていきたいと考えています。それは、チーム全体で看護の質が上がっていくことにより患者さんの不安を軽減できるからです。後輩たちが知識や技術がしっかり身につくことが一番大切なので、想いや考えを聴き、受け止めたうえで、私の意見や考えを言うように心掛けています。怒られても身につかなかったら意味はないですし、経験的に怖い想いしか残らず、何も身についていないことが多いと思っています。新人の頃を思い出し、レポートを提出してもらい、アドバイスするようにしています。あまり堅苦しいものではなく、私は、交換日記と思って、むしろ的確なアドバイスができるようにするためのコミュニケーションツールというように説明して、一緒に振り返るようにしています。私自身も一緒に成長していきたいというのが本音です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です