「よく頑張ったなあ」という言葉が看護を前向きに捉えるきっかけ

Pocket

私はドキュメンタリなどで見る自分で判断しテキパキとしながらも患者さんに寄り添う看護師の姿に魅了され、手に職をつけるなら看護師だと思い、この道を歩むことになりました。しかし、学生時代は実習先で指導してくださった看護師さんか怖くて、自分は働いていけるのだろうかと不安でした。看護師なってからも、療養型の病院でしたのでバタバタする感じはありませんでしたが、看護師になるんだと決めたときに抱いたキラキラしたものではなく、日々何かに追われ、一日が何もなく過ごせてよかったという感じの毎日でした。自分の評価を自分でなかなかできないので悶々としていましたが、2年目になった頃に、新人の頃から関わっていた患者さんから「よく頑張ったなあ」と声を掛けて頂き、仕事を前向きに捉えられるようになりました。それまで、一日の仕事をきちんとするという毎日でしたが、それからは、患者さんの以前の状態はどんな感じだったのか、どうなりたいと思っているのか、今よりもよくなるにはどう関わればいいかを考えるようになりました。
自分が患者さんの家族ならどうしてほしいかわ考えることを大事にしたい
療養型にいた頃も患者さんが脳梗塞になったり寝たきりになったり、そのきっかけを知る情報を得ることはできましたが、それを知りたい、その時に関わりたいというのが急性期病院で仕事をすることにした動機です。急性期看護の魅力は、よくなっていくプロセスをはっきりと見ることができます。よくなるために、私たちの関わりひとつで反応も全く違い、いろいろと考えないといけないことが多いので大変なところはありますが、それが看護の喜びに繋がっている実感があります。何かの行為をする際にもただ漫然とするのではなく、その行為の意味づけをし、日常生活に取り込み、患者さんが自分でできることを増やしていくような工夫を大切にしています。私は、患者さんがその人らしくいてもらいたい、だから、自分がその人の家族ならどうしてもらいたいかを常に考えるようにしています。患者さんはどういう人なのか・・・仕事は、家族構成は、好きなことは、大切にしてきたことは・・・病気のことだけでなく、生活背景も含めて理解し、好きなこと、大事にしていたことをこの先も続けられるようにするにはどうしたらいいかを考えることを大切にしています。

私が「待つ」を大事にして、メンバーたちの考える力を育んでいきたい

この病院では、多職種との距離が近く、看護師としてとても仕事がやりやすい環境にいることを実感しています。たとえば、患者さんの体位やポジショニングなどで悩んでいたら、患者さんにとっていい方法というのを一緒に考えてくれたり、適切なアドバイスをしてくれます。それを気軽に相談でき、患者さんの担当でなくても、手を借りたいときに気軽に声を掛けられます。そういう日常的連携が、患者さんにとってプラスに働くので看護師としては有難いです。これからの自分自身のことははっきりと考えていませんが、今は、多くの選択肢があるのでその中で自分がチャレンジしたいものを見つけていけたらいいなと思います。院内ではメンバーの育成が私の役割と認識しています。メンバー育成に対する私のスローガンは「待つ」の一言に尽きます。すぐに答えを言ってしまうのはよくないなと感じています。自分でどう考えるか・・・その答えを「待つ」ことで、考える力を育み、応用力のある看護師を育てていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です