患者さんの立場でどうしてほしいかを考え、やりがいを感じ始めた

Pocket

看護師になったのは知人に看護師を見ていて、自分も何か技術を身につけて人の役に立つ仕事に就きたいというのがきっかけです。新人の頃は、壁にぶち当たることが多かったです。私は手術室に配属になりましたが、まず機械の扱いがわからない、短い時間で患者さんとの信頼関係を築くのが難しい・・・特に術前の患者さんは不安で一杯ですから、そんな患者さんの立場に立ってどうすれば適切な看護ができるのかを考えるのが難しかったです。そんな毎日でしたが、一生懸命に先輩の考え方ややり方を見て学んでいたことが思い出されます。心を開いてくだ さらない患者さん、不安を表に出さない患者さんであっても、患者さんの表情をよく観察しながら、自分が患者さんだったどうしてほしいだろうかをあれこれと考えることで仕事にやりがいを感じるようになってきました。

手術室看護はチームワークを大切にしながら役割を果たしていく緊張感が大きな魅力

手術室看護10年目を迎えて感じる仕事の魅力ですが、一つ目はまるでサッカー等のチームワークのスポーツのように、同じ目的を共有し、同じ目標に向かって仕事に取り組み、その時々の瞬間の大切さを感じながら仕事ができることです。主治医、麻酔医、病棟の看護師、コメディカル、そして私たち手術室の看護師が連携して一つのチームとしてそれぞれがチームワークを大切にしながら自らの役割に責任を持っている緊張感の中で仕事ができるのは幸せです。二つ目は、術前から患者さんに関わって、情報収集をし、プランを立てて、手術中・術後の経過がプラン通りに進んだ時は達成感があります。プラン通りにならないことも反省し、患者さんの次に活かせることを考えて実践しています。意識のない人はコミュニケーションができないので不利益がないように業務をしっかり行い、インシデントが起きないように安全面に細心の注意を払っています。意識がある患者さんはそれらに加えて、コミュニケーションが取れるので手術中も安心できるように会話をしたり、タッチングをしたりしています。

手術室に留まらず、麻酔医を初め、他部署・多職種と懸け橋になる看護師になりたい

私は手術室看護がホントに好きなので、将来もやはり手術室看護を継続してやっていきたいですし、突き詰めていきたいと考えています。ただ、救急外来、ICUは興味があるので、自分の能力を向上させるためには経験しておいた方がいいかなとは思っています。患者さんに対してはもっと安全で、安心を提供していきたいので、麻酔医との懸け橋的な存在として安定感のある仕事をしていきたいと思います。そのために日本麻酔科学会が認定している「周術期管理チーム看護師」の資格取得を目指しています。どちらかというと手術室は閉鎖的なイメージがあるので、手術室内に留まらず、手術室以外の外来・病棟などにおいても、専門的な知識や技術を日々の看護に反映させていきたいと思います。最近は、先輩たちからして頂いた指導を自分も後輩たちに提供していかなければならないなと感じるようになってきました。何事にも一生懸命に、間違っていることは間違っていると言えることが大事だと思うので、自身が後輩たちにも示せるように頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です