無理強いせずに、患者さんペースで向き合う

Pocket

看護助手 山道和成子


なぜ、看護助手になったのですか

姉の勧めで行った介護職の職業訓練で、医療ケアの講師を担当されている看護師さんに指導を受けている時に「カッコいい」と思いました。特別養護老人ホームだと看護師さんと一緒に働けることを知り、再婚を機にデイサービスを辞め家族の勧めもあり、介護の仕事にチャレンジしました。デイサービスや特別養護老人ホームでの経験を経て、半年前にこの病院で働くことになりました。まさか病院で働くことができるとは思っていなかったのですが、看護助手という仕事があることを知り、看護師さんと一緒に働くことができるという前向きな気持ちで転職することにしました。


看護助手として大切にしていることは何ですか

患者さんとしっかり向き合うことを大切にしています。例えば、患者さんで気持ちをうまく伝えられない人に対して、何を訴えられているのかということをできるだけ正しく理解するように努めています。病気をすると混乱することもあり、パニックになり、大声を出したりする方もいますが、「なぜ、この方はこういう行動をするのか」といったことを考え、無理強いせずに、その方のペースで向き合うことを心掛けています。快方に向かっていってほしいという気持ちを常に大切にしています。


この病院で働いてみてどうですか

看護助手にチャレンジしようと思ったところにつながりますが、特別養護老人ホームで働いているとき、いつももやもやした気持ちがあり、それを解決することができない毎日でした。仲間も忙しく業務にあたる毎日にやりがいをあまり感じなくなったのだと思います。日々転職を考えていた時に看護助手の仕事を知りチャレンジしてこの病院に来ました。今の職場は看護師さんも忙しい中、親切に教えてくださるのと、何より看護助手の先輩の方々が一生懸命に指導してくださるので、病院業務を知らない私でも相談しながら働くことができています。そのため今は仕事をどんどん覚えることができ、とても前向きな気持ちで働いています。


看護助手の仕事の魅力は何ですか

患者さんの個別性を重視しているので、いろいろな人と関わるというたくさんの変化の中で働くことができます。同じ人でも、体調や気分、時間帯によって変化します。常に新しい向き合い方を学び、その中で成長を実感できることが魅力です。また、医療チームの一員として仕事に携われることも喜びです。病気を治す過程にはたくさんの緊張感がありますが、患者さんが快方に向かう過程で、その役割の一翼を担えることも魅力です。今後は、役割をしっかり担えるように、積極的に仕事に取り組んでいきたいと思います。