森優香(東病棟)×笠野暁子(東病棟)

Pocket

看護助手の仕事とは具体的にどんな仕事でしょうか。

森 排泄援助、食事や入浴の介助、着替えのお手伝い、患者さんが退院された後の部屋の掃除・・・が私たちの仕事です。

看護助手の仕事をするようになったきっかけは何ですか。

笠野 看護助手から看護師になった知人がいまして、その人を通じて看護助手という仕事があることを知
りました。ここで働く前は、老人ホームで介護の仕事をしていましたが、医療関係に興味があったのでこの
病院で働くことになりました。
森  私もこの病院で働く前は10年間老人ホームで働いていました。派遣会社の人に看護助手という
仕事があることを教えてもらい、興味を持ったのがきっかけです。

この仕事の魅力は何でしょうか?

笠野 老人ホームでは利用者さんとのふれあいの時間が長いですが、それと比べると病院で患者さんと接
する時間は短く感じました。病院で働いて感じるのは、医療行為を間近で見ることができます。検査に一
緒についてくことが新鮮でした。
森  老人ホームでは利用者さんの最期を看取るという経験をたくさんしました。しかし、この病院で経験
しているのは、患者さんの回復を目の当たりにすることです。例えば、手術後、動くのは目だけというた人
が、どんどん回復し、体が動くようになっている姿を見た時。チューブを使って食事をしていた患者さんが、ゼ
リー状態の食事を口から取り、そして、普通に食事が行えるようになっている姿を見た時。日々元気な姿
にっっていく患者さんに寄り添っていくことができるのがとても嬉しい気持ちになれます。
笠野 そうなんです、医療ってすごいです。介護の現場では利用者さんができないことがどんどん増えてい
中で生活支援を行うのですが、医療の現場では短期間に患者さんが良くなっていく現実に感動すら覚え
ます。
森  患者さんとの触れ合いは老人ホームの時よりは少ないですが、それでもちょっとした会話は大切にし
ています。病気の話題は避けて、今日の天気や世間話から始めて、できるだけ患者さんがホッとできるよう
に気を掛けています。それで、表情が穏やかだと私もホッとします。
笠野 それといろいろな職種の人と一緒に仕事ができるのも魅力です。
森  看護師はもちろんですが、医師、理学療法士、作業療法士・・・まだまだ踏み込めないですが、一
緒に仕事ができるので学ぶ機会も多いです。

さて、次なるチャレンジについて聞かせてください。

笠野 私は、まずは仕事をしっかりと覚えたいと思います。医療の現場の雰囲気にも慣れていきたいです。
老人ホームでもリハビリテーションの機会はありましたが、病院ではリハビリテーションの考え方も方法も全く
違うように思います。病院では患者さんが動くことができるように毎日のように訓練をするので、例えばそう
いうことにも早く慣れていきたいです。先の目標は、いつか看護師になりたいと思っています。今の自分にで
きない専門的なことができるようになりたいと思います。
森  私は、今は医療の現場でしっかりと経験を積みたいと思います。今すぐではないけれど、いつかはこの
経験を活かしてまた介護の現場で働きたいという気持ちもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です