永里圭×稲田直美(西病棟)

Pocket

所属先を教えてください。

西病棟:整形外科と脳神経外科の混合病棟です。

看護助手の仕事をするようになったきっかけは何ですか。

永里 ヘルパーの資格取得ができる学校を卒業し、学校の系列の派遣会社から病院を紹介され勤めるようになったというのがきっかけです。私は、これまで1度この病院を退職しており、まったく医療と関係のない仕事をしましたが、結局、この病院で看護助手の仕事をしています。対人関係が苦手は私には理解してくれる人がいる点で環境的に仕事がやりやすいというのは日々実感しています。
稲田 私は、仕事を探している時に、いわゆるママ友から声をかけて頂き、正直言って割と軽い気持ちで就職をしました。イメージとしては、看護師さんのサブ的ポジションでサポートしていくといった感じでした。初めは、イメージとは全く違い、患者さんとの接し方にどうして接していいか苦慮しました。職場の皆さんが優しく接して下さるので、今は、仕事は楽しくなってきました。

この仕事の魅力は何でしょうか?

永里 他院の同職種の人から聞く話では、なかなか患者さんとしっかり関わらせてもらえないという話を聞いたことがありますが、当院では、患者さんとしっかりと関わることができますし、主体的に仕事をさせてもらえることが魅力だと思います。看護師さんにとっても私たち看護助手がいないと仕事が回らない、つまり、看護師本来の仕事に集中できるように、負担を軽減させ、患者さんへのサービスの向上を一緒に考えていくことができるのが魅力だと思います。 
稲田 私がこの仕事をするようになって驚いたのは、普通に仕事をしているだけなのに、それに対して「ありがとう、ありがとう」と言われることです。普段、お礼を言われるのはそうそうないので余計にそう思うのかもしれませんが・・・。例えば、患者さんが動けないので、テーブルの上のものを取ってあげる。こんな普通のことであっても、何度も「ありがとう、ありがとう」と言って下さいます。今、私はできる限り困っていることを察して、患者さんに気を遣わせずに「やってあげたい」という気持ちで仕事しています。

看護師さんとの関係にご苦労するとよく聞きますが、どうですか?

永里 看護師に限らず、世の中にはいろいろな人がいますから、人間関係がすべてうまくいくかどうかは自分たちの心がけ次第のところが大きいと思います。大事なことは、患者さんへの関わりに支障きたさない仕事をお互い助け合ってできるかどうかを軸にして相互補完の関係を作ることだと思います。あくまで、プロフェッショナルとしてプライドを持って・・・。そういう意味でも、この病院は仕事がしやすい病院だと思っています。
稲田 そういった苦労ありませんね。むしろ感謝の方が大きいです。看護師の皆さんは、私のわからないことにも丁寧に教えてくださるので、働きやすい環境で仕事ができていると思います。

さて、次なるチャレンジについて聞かせてください。

永里 年齢的にそろそろステップアップしていきたいと思っています。ここ数年でケアマネージャーの資格取得をしたいと考えています。患者さんに適切なケアプランを提案できるようになりたいと思っています。当院での看護助手の仕事は患者さんとしっかりと関わることができるので、この経験をもっと大切にし、活かしていけるようにキャリアアップしていきたいです。
稲田 私は、患者さんにとって良い関わりを持てるようになるために、看護師さんと相互補完の関係を築き、真の意味で必要なスタッフとして認められたいと思います。そのためには、もっと勉強して、知識を習得し、自分自身で判断して仕事ができるようになりたいと思います。当面の目標は、ヘルパー2級の資格を目指します。子育てをしながらなので大変ですが、頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です