看護部サイトへようこそ
私たちのストーリー

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

SCU
主任 吉田 薫


メンバーの立場で言えないような意見や要望を取り上げていくことから始めたい

主任になってちょうど3ヶ月が経ちますが、明らかに変わったのは指導に対する視点です。これまでは、仕事の流れの中で起こっている目先のことに対するアドバイスに近いものでした。今は、メンバーの成長を考えて、育成することを意識しています。そこには、私なりのメンバー対する責任感や緊張感があり、そのことで自分を振り返る機会にもなっています。そういう意味では、主任の仕事は重く、また、職場運営においても師長を支える立場にいることを徐々に実感しています。現状は、師長に支えられていますが、まずは、メンバーの立場ではなかなか言えないような意見や要望をよく聞いて、私がそういう声を取り上げていくことから始めたいと思っています。

上司・部下の見え方や捉え方には誤差を減らし、働き甲斐を感じる職場にしたい

メンバーが働き甲斐を感じる職場にしたいと思うのは管理者として当然の願いだと思います。組織の中の上司・部下それぞれ役割も立場も違います。だから、同じことを見ても、それに対する見え方や捉え方には誤差が生じます。その誤差がコミュニケーションの障害となり職場の風通しに影響を与えることになると思います。私たち主任はちょうどその間に位置しています。主任たちが意識して、力を合わせていくことが大事だと思っています。同じ時間帯に勤務することが難しいですが、師長も交えて些細なことも含めて知らないことをないように工夫して情報共有に努めています。

新人看護師を早く一人前の看護師として活躍できるようにすることにチャレンジしたい

メンバーの成長に関わる主任の仕事に最近は楽しみを見出せるようになっています。新人看護師を早く一人前の看護師として活躍できるようにすることが私の当面のチャレンジ目標です。基本はメンバーとしっかり向き合うことですが、そうは言うものの、私自身もコミュニケーションの達人でもないので、若い人の育成に対して本を読んだりしながら勉強するようになりました。できるようになったことに対しては、自信を持ってもらえるように、また、さらに向上したいと思ってもらえるようにほめて育てたいと思います。また、わからないこと、困っていることをじっくりと聞いて、一緒に問題解決してあげたいと思います。



PAGE TOP