看護部サイトへようこそ
私たちのストーリー

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

急性期病棟
主任 原田 渚


働きがいのある職場にしたいという気持ちの中で、自分の立ち位置を模索している現状

主任になり約3か月が経過して感じていることは、立場が変わった、やることが増えたというのが実感です。もちろん、これまでやってきた仕事もあるので、主任の仕事にしっかりと力が注げているかというとまだまだ自信を持ってできていますと言えないのが現状です。また、時として、スタッフにとって耳の痛いことも管理者として言わなければならない局面があります。が、そんな時、主任としての役割と思う反面、本当にこれで良いのかと迷いが生じていることが多々あります。私は、スタッフの思いをくみ取り、師長の考えも理解してスタッフとに伝えるパイプ役になりたいと思っています。高い志を持ったスタッフに恵まれたからこそ、働きがいのある職場にしたいという気持ちの中でまだまだ自分の立ち位置を模索しています。

忙しさの中にも看護の楽しさを感じ、スタッフの笑顔で患者さんが元気になる職場にしたい

働きがいのある職場…それは主任になる以前から問題意識として常に持っていた大きなテーマです。管理者も人間、働いている看護師も人間、みんなそれぞれ事情があり、感情があります。日々の変化の中で、私たち管理者側の心掛け一つで看護師のモチベーションが上がらなくなることもあると思います。忙しさのために看護のやりがいが減らないようにすることは当然のこと、むしろ、忙しさの中にも看護の楽しさを感じてもらうような状態を作りたいと思います。スタッフが笑顔になると、それは患者さんに伝わり、元気になる・・・そんな職場にしていきたいと思います。そのためには、業務改善を実行し、患者さんに関わる時間を増やしていきたいと思います。

スタッフの話をしっかりと聞き、納得できるまで話し合い、お互い尾を引かない関係性を築きたい

私の勤務する病棟には3人の主任がいますが、私が主任になる前から問題意識を共有しているので、私たちは同じベクトルでマネジメントをしていけるように努力しています。私は、もっとマネジメントについて勉強していく必要があると感じています。まだ、経営についての言葉が分からない事もありますが、わからない時には素直に質問をして、習得していきたいです。主任としては、メリハリのある態度で臨んでいきたいです。言うべきことは言う、ケジメはつけたいです。厳しいことも言いますが、楽しく一緒にもふざけたいと思います。お互いに尾を引かない関係性を築くためにも、スタッフの話をしっかりと聞き、納得できるまで話し合う、そんな関わりをしていきたいと思います。



PAGE TOP