看護部サイトへようこそ
私たちのストーリー

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

主任たちの看護のストーリー index

西病棟主任 玉井寛子

私が高校生のころ、がんの末期で入院していた祖父が「ここにいたら痛いことばかりされるから家に帰りたい」と言いだして、自宅で看取ることになりました。家族は大変だったのかもしれないけれど、本人の意思を尊重した最期の過ごし方に心を打たれた私は「看護師になりたい」と思うようになりました。・・・
つづきはこちら>>

SCU主任 松村千鶴

私は結婚後、出産・子育て中の5年間は専業主婦をしていましたが、2人目の子どもが1歳を過ぎたときに再就職を考えることにしました。
いくつかの病院をピックアップして見学に行き、当院に見学に来たときに、綺麗で明るい外観と、看護師さんのテキパキ働く姿に・・・
つづきはこちら>>

東病棟主任 伊藤祐美

私はこれまでずっと急性期看護に携わってきましたが、発病直後や手術を受けるという急性期は、その人の人生にとってのターニングポイントです。その時期の関わりは重要であり、私たち看護師の発言の一つひとつも患者さまやご家族に大きな影響を与えるということをこれまでの経験で実感してきました。だから・・・
つづきはこちら>>

東病棟主任 谷口多代子

「手に職をつけたほうがいい」これは両親が私に残してくれた言葉です。
私が看護師をめざしたは、その両親の言葉と共に、学生時代に他界した両親に付き添う私を支えてくれた看護師さんへの感謝の気持ちから。私も看護師になって誰かの力になりたいと思ったのが理由です。当院に来たのは・・・
つづきはこちら>>

<<<もどる

PAGE TOP