看護部サイトへようこそ

看護部に望むこと

未来を育む教育

看護部長の人材にかける想い

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

患者さまを見る眼と心を育てる人材開発をめざします

看護部長 冨田 倫代

相手に深い関心を持つことが看護のはじまり
「患者中心の看護」というのは、誰もが口にする言葉です。しかしそれを実践するのは容易なことではありません。
本当に、その人に応じた看護を提供するためには、データを用いた客観的な観察だけにとらわれるのではなく、相手に深い関心を持ち、手で触れ、心の目で観て、察することが必要です。そうして患者さまの思いが看護師の心に伝わった時に初めて、相手が求めていることが見えてきて、その人に必要な看護が考えられると思います。
状態が急激に変化する時期の患者さまをお迎えする当院では、相手に起こっている状況を即座に把握し、患者さまに近づき、考え、その人に必要な看護を言葉に出して、共有しながら看護が実践できるように取り組む姿勢を強化したいと考えます。

患者さまを見る眼と心を育てる人材育成に取り組みたい
ずいぶん昔のことですが、ある患者さまからいただいた言葉は、今も私の胸に深く残っています。それは夜勤のとき「今日はあなたがいてくれるから安心して眠れるわ」という言葉でした。そのとき、私のことを信頼して任せてくださっていることに大きな安堵とよろこびを感じ、それが、その後の看護へのモチベーションに繋がっていたように思います。
このように、看護師は患者さまからの言葉で支えられ、看護のよろこびをいただきます。当院の看護師たちも「あなたに出会えてよかった」と思っていたける看護が実践でき、よろこびを感じながら日々が過ごせるよう、患者さまを見る眼と心を育てる人材育成に取り組んでいきたいと考えています。

 

2020年度 看護部目標


本気で指導・本気で学ぶ 本気で自立・自律


    1.安心・安全・安楽な看護の提供
  • 人権・倫理観のある看護の提供
  • わたし達は患者のそばにいる
    ・セル看護方式の導入
  • スタンダードプリコーションの維持・向上
    2.人材育成
  • 人事考課導入に向けた個人目標設定と実践
  • ラダー研修教育の充実
    ・退院調整看護師研修 重症度、医療・看護必要度研修
  • 看護研究の推進
  • Candy Linkを活用した自己研鑽
    3.積極的な病院経営への参画
  • 効率性係数を考慮したベッドコントロール
    ・クリニカルパスの作成・活用
  • 訪問診療・訪問看護の実施
  • 目標の可視化の周知
    ・BSC & PDCAの完全実施




PAGE TOP