看護部サイトへようこそ

看護部が目指すもの

看護部に望むこと

未来を育む教育

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

同じ目線で考え、笑顔で対応して欲しい

弘善会グループ 理事長 矢木 崇善

 当グループは、24時間365日受け入れを行う脳神経外科医療を核として、医療・介護をとおして地域住民のhappyな生活を支えることで社会に貢献したいと願っています。当グループの核となる急性期医療を提供するには、看護師のみなさんの力を欠かすことはできません。
突然発症することが多い脳神経外科疾患は、患者の状態を判断して早急に対応できる高いスキルが必要です。しかし私はそれ以上に、患者や家族の方々の心理的な状況を理解して、同じ目線に立って考え、いつも笑顔で対応する力を持っていただきたいと考えます。

 また、高齢社会の日本では、今後ますます看護師に求められる役割が拡大していくことでしょう。私はこれまで看護師のみなさんが持つ力の多様性を実感してきました。そのため、みなさんには、看護師としてキャリアアップを目指すだけではなく、もっと他業界へと進出されることも期待しています。当院で看護師として経験を重ね、仮に新たな道を見つけられたなら、それを拒むことなくバックアップしたいと思っています。
当院で学び成長した看護師のみなさんが多方面に大きく羽ばたき、優秀な人材を社会に輩出することも当法人の社会貢献のひとつにしたいと考えます。

ナースの専門性とチームワークを高めていきたい

院長 谷口 博克

 当院は、脳神経外科を中心とする専門病院であり、地域の脳卒中治療の一端を担っています。脳卒中は一刻を争う疾患であり、早期に的確な診断と治療を施すことが、ハンディキャップを最小限に抑え、その後の人生を大きく変えます。そのため最先端の医療機器を導入して、早期に的確な診断・治療がおこなえる環境をつくることで、この地域に暮らす人びとに安心を提供している病院です。このような当院で一緒に働く看護師のみなさんには、患者の状態を的確に判断し、予測して行動できる力を養ってほしいと願います。したがって、これからは脳卒中リハビリテーション看護の認定資格など、専門性を高める支援も強化していきたいと考えています。

 私は、当院は誰もが笑顔になれる病院でありたいと願っています。「happyにならない手術はしない」をモットーにした医療を提供し、地域の人々、そして医療職のみなさんに選ばれる病院でありたいと思いながら、日夜、医療を提供しています。
患者さまを笑顔にするためには、スタッフの笑顔を欠かすことはできません。専門性を持った看護師、コメディカルスタッフ、そして医師がチームになってグレードの高い医療を笑顔で提供する。そんな笑顔のケアが患者さまの笑顔を惹きだしHappyをつくる。それが職員のhappyにつながれば、こんなに嬉しいことはありません。そのために、今以上にチームワークが発揮できる人材を増やしていきたいと思います。



PAGE TOP