看護部サイトへようこそ
リーダー達の想い

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

認定看護師の「眼」

リーダーたちの日ごろの会話をお伝えします。

当院が「Happyをつくる医療をめざす」ためには、全ての職員が共通の目標に向かって進むことが大切だと考えます。そのために必要なのは、リーダーが同じビジョンをもっていることと、それをメンバーが理解しているということ。
そこで、このコーナーでは、当院のメンバー、そして一緒にビジョンを追いかけてくれる未来のメンバーのみなさまに、当院のリーダーの想いをお伝えしたいと思います。

病院長と看護部長の対談

看護師がハツラツとして笑顔が多いと感じています

谷口)看護部長が交代し、新しい体制で2015年度が始まりました。冨田部長から見た当院の率直な印象はどんなことでしょう?
冨田)これまでこの規模の民間病院で勤めた経験はなく、正直なところ不安もいっぱいありました。着任して一番に感じたのは・・・ つづきはこちら>>

看護部長と事務部長の対談

「預かった命には最期まで寄り添う」というのが当法人の原点

冨田)病院職員が同じ方向を向いて大きな力を発揮するためには、病院長が方向を示し、事務部門と看護部門が院長の目指す方向にベクトルを合わせていくことが必要だと思います。そのためには、事務部長の考えを私が充分理解するとともに、職員全体に広く伝える必要があるので、今日は対談をお願いしようと考えました。
内藤)職員とゆっくり話す時間がなくて、私の考えていることが伝わっていないところもあるので、今回はいい機会をいただけてうれしいです。
つづきはこちら>>

看護部長と看護師長の対談

患者の心に届く看護実践ができるように

冨田)東病棟は、今年度の目標達成に向けて様々な取り組みをされていますが、具体的にどのように進めているかを教えてもらえますか?
東野)看護部目標の1つに、患者の心に届く看護実践が挙げられ、そのために、心を動かす研修に取り組み、倫理観を育成することがうたわれています。
つづきはこちら>>

倫理的な感性を高めることが今年の課題

冨田)梅田師長が管理するHCUは、18床のオープンスペースで、重症の方の命を救うことが優先されて、患者さんの人権や倫理的な配慮を考えてのケア提供は難しいこともあると思うのですが、どのようにしていますか?
梅田)高次脳機能障害は見えない障害ともいわれますが、看護師の中にもまだまだ理解が深められていないところがあると感じています。
つづきはこちら>>

メンバーの質問や疑問には積極的に関心を持ちたい

冨田)師長に昇格して3週間が経ちましたが、主任の時との違いは感じますか?
半田)やはり、これまでは師長にかなり守られていたなあと感じています。でも、これからは私がそれをしないといけないんだという自覚はあります。
つづきはこちら>>



PAGE TOP