看護部サイトへようこそ
看護師のキャリアモデル

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

子育ても自分も大切にしたかった 八島麻衣子

のんびりとした環境で看護師をしながら、子どもを産んでハッとしたこと。それは「自分は看護師としてこのままではいけない」という焦りでした。この先も看護師として生きていくには、子どもがいても自分を高める努力をし続けなけれバいけないと思ったのです。そこで、子育て支援が充実している当院に転職し、自分との戦いが始まりました。 つづき>>>

さまざまな活動で視野が広がる 松村千鶴

結婚を機に退職して5年間専業主婦に。下の子が1歳を迎えたときに再就職を考えた。
はじめは無料の保育施設に惹かれて当院を選択したけれど、来てみるといろんなチャンスを与えられ、とにかく出来ることは精一杯やってみた。
すると視野が広がり看護の仕事が大好きに!今は看護にやりがいを感じながら楽しく働く毎日。 つづき>>>

当院で指導経験を積んで教員の道へ 西山 円

「看護を指導できる人になりたい」そんな夢を持って、急性期看護を学ぶため当院に転職。院内の指導体制を整える準備に参加し、臨床指導者講習会を経て実習指導の中心的な役割を担う。
当院で指導経験を積んだ後、教員への道に羽ばたきました。(※本人の同意を得て掲載しています) >当院で働いていた時を紹介>>

ここで急性期看護を学びさらなる挑戦へ 北垣優佳

高齢者の生活を支える看護がしたい」というのが看護師を志した動機。急変時にも対応できる力をつけるために当院に就職し、SCUで働きながら通信制の大学で認知症ケアの勉強を積む。
「いつかは高齢者施設を自分の手でつくりたい」という夢があり、その実現に向けて、当院を卒業しました。(※本人の同意を得て掲載しています)>当院で働いていた時を紹介>>

「海外で暮らす」という夢を叶える 紀乃みなみ

国境なき医師団の活動を知って感銘を受けたのが、看護の道を選んだ動機。挫折や苦労もありながら、看護師として当院で経験を積み、海外生活をするため当院を卒業していきました。(※本人の同意を得て掲載しています)>当院で働いていた時を紹介>>


PAGE TOP