認知

認知症看護の質を高める活動

LINEで送る

社会では高齢化が進み、当院に入院される患者さまも認知症をお持ちの人が多くなっています。そんな中、認知症看護に興味を持つ看護師、質を高める活動を始めようと立ち上がりました。この活動を、どんな思いで始めようと思ったのか?インタビューしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
看護師 安達真由子

認知症の方にマイナスイメージを持っていた私

認知2学生のころ、私は認知症の患者さまとどのように関わればいいのか戸惑い、強い苦手意識がありました。就職してからも、その苦手意識は解消されず、認知症状のある患者さまには、仕事のペースを乱されるというマイナスイメージを持っていました。
あるとき、認知症の勉強会に参加したのですが、そこでは自分が今までに受け持った患者さまの脳のCT画像などを使って、何故そのような症状が出ているのかを解説するというものでした。この勉強会を期に、認知症状のある患者さまに対する意識が変わりました。そして何よりも、認知症に興味が湧いてきて、自ら認知症看護を勉強するようになりました。

自分の態度が変われば患者さまは変わる

突然暴れたり叫んだり、何度も同じことを言うなどという患者さまがおられると、これまでの私は、ただその行動を鎮めようという姿勢でした。しかし勉強するうち「なぜこんな行動をとられているのか?」を考えるようになりました。暴れる患者さまに対して、私は患者さまの居る世界を理解しようとするように心がけ、患者さまの居る世界を受け入れるようにしました。そうすると、患者さまの表情が穏やかになり、患者さまの行動は鎮まるようになったのです。つまり私が患者さまに対する態度を変えたことで、患者さまの態度や言動も変わるということを実感しました。
当院は、術後のせん妄や環境の急変で認知症状がある患者さまが多くいらっしゃいます。そんな患者さまを理解し、患者さまが安心して療養できるように、認知症看護を学ぶプロジェクトを立ち上げたいと考えました。

看護の技でやりがいを感じられるように

認知プロジェクトの活動はこれからですが、勉強会を開いて院内の看護師に認知症への理解を深める活動を通して、看護師の意識変革に取り組んでいきたいと思います。
急性期では、どうしても薬を使って解決をしがちですが、看護師が患者さまの心を感じ、手と目で心に働きかければ患者さまは落ち着いてくださるはずです。これこそが看護ならではの技であり、やりがいだということを院内に広げ、患者さまも看護師もHappyになれるよう活動していきたいと考えています。