人材育成

認知

認知症看護の質を高める活動

社会では高齢化が進み、当院に入院される患者さまも認知症をお持ちの人が多くなっています。そんな中、認知症看護に興味を持つ看護師、質を高める活動を始めようと立ち上がりました。この活動を、どんな思いで始めようと思ったのか?インタビューしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
看護師 安達真由子

認知症の方にマイナスイメージを持っていた私

認知2学生のころ、私は認知症の患者さまとどのように関わればいいのか戸惑い、強い苦手意識がありました。就職してからも、その苦手意識は解消されず、認知症状のある患者さまには、仕事のペースを乱されるというマイナスイメージを持っていました。
あるとき、認知症の勉強会に参加したのですが、そこでは自分が今までに受け持った患者さまの脳のCT画像などを使って、何故そのような症状が出ているのかを解説するというものでした。この勉強会を期に、認知症状のある患者さまに対する意識が変わりました。そして何よりも、認知症に興味が湧いてきて、自ら認知症看護を勉強するようになりました。

自分の態度が変われば患者さまは変わる

突然暴れたり叫んだり、何度も同じことを言うなどという患者さまがおられると、これまでの私は、ただその行動を鎮めようという姿勢でした。しかし勉強するうち「なぜこんな行動をとられているのか?」を考えるようになりました。暴れる患者さまに対して、私は患者さまの居る世界を理解しようとするように心がけ、患者さまの居る世界を受け入れるようにしました。そうすると、患者さまの表情が穏やかになり、患者さまの行動は鎮まるようになったのです。つまり私が患者さまに対する態度を変えたことで、患者さまの態度や言動も変わるということを実感しました。
当院は、術後のせん妄や環境の急変で認知症状がある患者さまが多くいらっしゃいます。そんな患者さまを理解し、患者さまが安心して療養できるように、認知症看護を学ぶプロジェクトを立ち上げたいと考えました。

看護の技でやりがいを感じられるように

認知プロジェクトの活動はこれからですが、勉強会を開いて院内の看護師に認知症への理解を深める活動を通して、看護師の意識変革に取り組んでいきたいと思います。
急性期では、どうしても薬を使って解決をしがちですが、看護師が患者さまの心を感じ、手と目で心に働きかければ患者さまは落ち着いてくださるはずです。これこそが看護ならではの技であり、やりがいだということを院内に広げ、患者さまも看護師もHappyになれるよう活動していきたいと考えています。

アロマ

アロマを使って癒しを提供

当院には痛みを持つ患者さまが多く入院されています。
痛みの原因には、身体的精神的・社会的な痛みが絡み合いますが、看護の場面では、患者さまの心を癒すことによって、体の痛みが和らぐ場面に出くわします。そんなことから、当院でもメディカルアロマを学ぶ看護師が、アロマを使って癒しを提供する看護のプロジェクトを立ち上げました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

看護師 廣崎照美

自らアロマの力に救われて

アロマ2私自身、これまで胸郭出口症候群という、血管や神経を圧迫するために起こる腕や手のしびれに苦しんでいました。今も治っているわけではないのですが、以前、辛い痛みを緩和してくれたのがアロマの力でした。
痛みで眠れない時に、ベッドサイドにアロマの香りを漂わせることで、痛みが楽になり眠りに就けることを体験し、アロマに興味を持った私は、アロマテラピーの勉強を始め、インストラクターの資格を取得しました。

アロマを取り入れた看護がしたいと思うように

そんなことから代替療法に興味を持って勉強するうち、将来は、痛みや不安がある患者さまに対して、アロマを取り入れた看護がしたいと思うようになりました。そして、メディカルアロマを学ぶことにしました。
私の中で、急性期看護とアロマを結びつけることは出来ていなかったため、メディカルアロマの資格を活かすためには、今の病院を退職するしかないと考えていました。しかし看護部長に相談すると、急性期で痛みのある方や最近多い認知症の方へのアプローチとして、当院でアロマを取り入れた看護を考えてほしいという話をいただいたのです。

アロマの力で患者さまも看護師も楽になってほしい

アロマアロマのトリートメントは、患者さまへの効果と同時に、看護師自身も癒されるという効果があります。まずは院内でアロマに興味を持つ看護師と協力しながら、アロマが医療にどのように役立つかを周知することから始めたいと考えています。
そして、入眠できずに患者さんも看護師も困っているような場面に介入し、アロマの力で患者さまも看護師も楽になっていけるような活動をするのが、このプロジェクトの目標です。私自身の経験を活かしながら、仲間を募って増やしながら頑張ろうと思っています。

 

 

 

BLS

BLS講習会を運営

 当院では、看護師が中心となって全職員を対象に、BLSの講習会を開いています。これは、ひとりの看護師が問題意識を持ち、行動し、実現に至ったものです。何が動機となって、どのような経緯でこの活動が始まったのかをインタビューしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

看護師 橋本真奈美

コードブルーで感じた不安

BLS2私は以前勤めていた病院で、救命救急部門に勤務していました。当院に転職してからは手術室で勤務していますが、ある時、コードブルーの知らせがありました。私は休憩中だったので、急いで現場に駆けつけましたが、職員の動きはぎこちなく、統制がとれていないことに不安を覚えました。そして落ち着いてからマニュアルを確認すると、連絡体制はマニュアル化されているものの、現場での行動については漠然としたものでした。私は医療安全委員会に属していたので、委員の中のリスクマネージャーに現状を伝え、マニュアルの見直しを提案しました。

救える命を増やしたかった

弘善会グループは、「救える命は全力で救い、救えた命は全力で支える」を理念として行動をしています。特に当院は急性期病院を担っている病院です。いついかなるときにも、患者を助けるのが使命と思っています。その1つとして、急変時の対応をもう一度見直すべきではないかと思ったのです。なぜなら、緊急時の応援要請を統一し、どの職種の職員でも蘇生法を習得していれば、救える命が増えると思ったからです。
そこで私は、BLS:一次救命処置(Basic Life Support)プロバイダーの資格を取得し、院内で指導者の資格を持つ看護師に声をかけて、教育委員会と共に、BLS講習会の企画を病院に対して提案しました。

全職員が命を救える病院をめざして

全職員を対象とする講習は、少人数で定期的に行い、最終的には全職員の受講を目指しています。スピードアップを目指すには、BLSのインストラクターを増やすことも必要であり、声をかけていこうと考えています。また、私はACLS:二次救命処置(Advanced Cardiovascular Life Support)のプロバイダーの資格を取って、ACLSの講習も行っていく予定です。将来は、災害時の訓練などにもつなげていけたらいいと思います。
今回、病院全体を巻き込むという企画に始めて取り組んだのですが、上司のサポートや職員の協力に助けられて、講習に対していい評価をいただけています。全職員が緊急時に対応できる病院をめざして、今後も努力を続けたいと思います。

 

151008-2

「あなたのココロに届け!」闘病生活体験記

10月8日(木)「あなたのココロに届け!」闘病生活体験記と題して、脳卒中を経験して社会復帰された患者さんを迎えてお話を伺う研修会を開催しました。

151008-4当院看護師のありたい姿のひとつに「患者さまやご家族の心理的側面に配慮した看護ができる」というものがあります。
意識のない中で、患者さまは何を思い、何を感じておられるのか?を、実際体験された患者さまに聴くことで、看護師たちの心151008-3 151008-1を動かし、患者さまやご家族の心理的側面に配慮した看護を目指してほしいと狙いました。

お話の中には「意識がなくても看護師さんの”頑張って”という声が聞こえて力になった」「名前を呼んでもらうと、尊重されている気持ちになって嬉しかった」という言葉がありました。

参加者からは「意識がなくても自分たちの声が届いていることがわかり感激した。もっと相手を尊重して関わりたいと思う」「自分は手術室に勤務しているが、麻酔で眠っておられてお私たちの声が届いているとわかり、今以上に声をかけていこうと思った。」などという感想がありました。

今日、動いた心を忘れることなく、患者さまの心に寄り添う看護をしていきたいと思います。

また今回は、患者さまにもご参加いただき、実際に回復された患者さまの生の声を聴くことで、勇気をもらってほしいと考えました。患者さまも熱心に、話に耳を傾けておられる姿が印象的でした。

闘病記ブログ>>>

27b2bf2a70e012df9541eaf03818186a

未来の看護師育成プロジェクト

人材1 - コピー当院では、看護学生の実習受け入れとは別に、中・高・大学生に看護のやりがいや体験談を伝えるために、出前講座やイベントを企画・実施する”未来の看護師育成プロジェクト”を立ち上げています。

「人に看護を伝える」ためには、自らの看護を振り返り、言葉にしなければなりません。それは、伝える本人の看護観の醸成につながります。そのため当院では本プロジェクトを、人材育成の取り組みと位置付けています。

 

またまた高校生が看護体験に来てくれました。>>>

高校生が看護体験に来てくれました。>>>

看護大学生向けのイベントを開催しました。>>>

看護大学生が病院見学に来てくれました。>>>

就職説明会で看護学生に当院の看護を伝えました。>>>

613e4b3e989ccd773da22f5a7e4c1e69

ありたい姿に近づく活動(教育委員会)

fd7222aa2b1747c54388e84a307b12b3教育委員会は月に1回集まって、当院のスタッフが「当院看護師のありたい姿」の実現に向けて常に話し合いを重ねています。

教育委員会だけが教育を担うというのでのではなく、すべての看護師がそれぞれの立場で人材育成の役割を担い、刺激をし合って、当院が求める”ありたい姿”の看護師になろうと話し合っています。

患者さまを迎えて研修会「あなたのココロに届け!」闘病生活体験記>>>