看護部サイトへようこそ
新人看護師のあゆみ

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

2020年度の新人看護師に新人時代の後半を振り返り、2年目に向けての抱負を聞いてみました


患者さんが何を望んでいるのかを感じ取れる看護師を目指したい

坂口友美
看護師になり、初めの半年間は覚えなければならないことが多く、患者さんに向き合って看護をしているという実感はありませんでしたが、下半期を振り返ると患者さんと少しずつ向き合えるようになってきました。患者さんのそばにいて、会話することが増えたこと、観察し、状態がわかるようになってきたこと、変化についてもしっかりと気づくことができるようになってきたことが挙げられます。
もちろん、知識や技術、経験はまだまだ不足しているので、患者さんにとって適切な看護をできているかという課題はありますが、患者さんの要望を聞けるようになり、リーダーや先輩に対しても何を報告すべきかがわかるようになってきたと思います。 看護師になって良かったと思うのは、患者さんが退院される時に元気になり、笑顔で帰られる姿を見た時に、関わることができた喜びを感じることができることです。2年目を迎え、私が担当することを患者さんに告げた時、「坂口さんなら安心です」と言ってもらえるようになりたいと思います。そのために、もっと患者さんに寄り添いたいです。特に、話をしっかり聴けるようになり、患者さんが何を言いたいのか、何を望んでいるのか、言葉に表現できないことも感じ取れる看護師になりたいと思います。



患者さんの変化に気づいたら、臆することなく自ら発信できるようになりたい

大野友賀
最近、患者さんが入院生活をしている時のことだけでなく、退院後自宅に帰られた時や施設に移られた時の生活を考えるようになってきました。看護師になった頃、目の前の仕事で精一杯だった私にとって、これは大きな変化です。どうなれば家に帰ることができるのか、そのためにはどうすればいいのかということを考えながら患者さんと関わるようになりました。
リーダーや先輩に報告・相談をすることで、入院生活時にしなければならないことが徐々にわかってきました。また、夜勤が増え、スタッフ数が少ない中で、患者さんと長い時間を共に過ごすので、しっかりしないといけないという気持ちになってきました。 患者さんとの距離感も近くなり、頼りにされることも多くなってきたので、仕事が楽しいという域にはまだまだ達していませんが、それでも看護をする楽しみは少しずつ感じ始めて来ました。2年目を迎えて、プリセプターに指導してもらった看護を患者さんに提供していきたいと思います。
そのためにも、患者さんの変化に気づいたら、臆することなく自ら発信できるようになりたいと思います。そのために、患者さんとのコミュニケーションを大切にすること、しっかりと観察をする力を付けることを目標にしていきたいと思います。





色々な技術を学び、入院から退院まですべてを関わるようになりたい

山崎仁美
入職した頃と違い、夜勤が始まったことで患者さんに対する見方が大きく変わりました。お昼時は穏やかに入院生活を送っている患者さんが、夜になると心が不安定になり、言動が普段と違う様子になることも経験しました。しばらくは、夜勤時に何か起こるのではないかと緊張感の中で仕事をしていましたが、夜になっても穏やかに過ごしてもらうような工夫をするようになりました。
特に、眠れなくて不安定になる患者さんがいるので、昼は自分の好きなこと、例えば、本を読む、ぬり絵をする、体を動かすなどをして楽しい気持ちになって起きておいてもらうようにしています。また、できるだけ、話を聴き、不安を取り除くようにしています。 患者さんの話を聴き、向き合い、ケアをしていった結果、退院されて自宅に帰ることができる患者さんの笑顔を見ることができた時に看護師になって良かったと実感しました。仕事の流れは理解できてきましたが、2年目の目標は、実施する機会の少ない技術を積極的に学び、経験したことのない処置にも関わりたいと思います。また、入院されてきた時から退院までひと通りすべて関わることができるようになりたいと思います。



計画立案をしっかりとして、個別性を考えた看護ができるようになりたい

松浦亜依
この半年を振り返ると、やるべき業務はスムーズになり、視野が広がったためか、チームメンバーとも協働できるようになりました。また、夜勤をするようになり、患者さんとの関わり方にも変化が出てきたと思います。最近では、患者さんのどこを見ればよいかということがようやくわかってきたような気がしています。一つには、患者さんと話をする時間が増えたと思います。
もう一つは、患者さんの症状や行動に対してなぜそうなのかと根拠を考えるようになったことだと思います。例えば、患者さんはずっとベッドで過ごす状態から、車いすで移動できる段階、自分で歩くことができる段階と変化していきます。つまり、目に見える状態と共に、心の内も日々変化するので、その時々で様々な工夫を意識するようになりました。 現状、仕事が楽しいと言えるにはまだ少しかかりそうですが、今後は個別性を考えた看護ができるようになりたいと考えています。個々の患者さんの状態をよく知り、アセスメントする力を養い、退院後の生活を見据えた計画の立案ができるようになりたいと思います。そのためにも、日々の看護の中で、計画・評価・介入を意識していきたいと思います。



様々な知識を深めていき、看護部門にプラスになるような発信をしていきたい

柳 尚輝
入職してしばらくは、混乱することがよくありましたが、ようやく落ち着いて仕事に取り組むことができるようになってきました。仕事に混乱するのは焦りが原因なので、タイムマネジメントを意識することにしました。出勤したらすぐに、1時間ごとのスケジュール表にやるべきことを記入して確認し、一つひとつ終われば消していく習慣を付けました。
また、イレギュラーな仕事には赤ペンで記し、時間の調整をすぐにするようにして管理するようになりました。仕事の全体を把握し、時間に余裕が出てきたことで、患者さんのそばにいて、しっかり見えるようになったので、細かい観察ができるようになりました。以前と比較するとモレなく、ミスなく、正確に仕事ができるようになってきたと思います。勉強会のチームに入ることになりました。私自身が勉強をするだけでなく、人に伝える機会が増えるので、2年目は様々な知識を深めていき、看護部門にプラスになるような発信をしていきたいと思います。幸いに、先輩たちから「自分が取り上げたいことをやっていったらいい」とアドバイスをもらったので、技術的なこと、薬の作用のことに取り組みたいと思っています。




PAGE TOP