看護部サイトへようこそ
新人看護師のあゆみ

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

2020年度入職の新人看護師に上半期を振り返ってもらいました(第二弾)。


第二弾として、3名の新人看護師(坂口友美 大野友賀 山崎仁美)にインタビューしました。

なぜ、看護師になりましたか。

(坂口) 私は訪問介護の仕事をしていました。利用者さんの最期を迎える時にもっと関わることができるのではないかという物足りなさを感じていました。一緒にいる訪問看護師の姿を見て、医療に関する知識が私にあったらと思い、子どもの頃に夢見ていた看護師になろうと思いました。
(大野) ホテルをはじめとして様々な仕事を経て、医療事務の仕事をするようになりました。母が病気になった時、何もできない自分に無力さを感じていました。ちょうどそんな時、私と同じ世代の方が、健康診断に来られ、看護学校に進学するという話を聞きました。その方に触発され、看護師になると決意しました。
(山崎) 私も小児科で医療事務の仕事をしていました。子どもたちの苦しく辛い姿を見て、何もできない、もっと役に立ちたいという気持ちが芽生えていました。その後、病気になり入院しました。その時の看護師さん が親身になって関わって下さいました。退院後、近所の看護学校のそばを歩いている時に、その看護師さんの姿を思い出し、「そうだ、もう一度学生をして、看護師を目指そう」と思い、看護師になりました。


半年を振り返ってみて下さい。

(坂口) 私には娘がおり3年前に看護師になりました。仕事が終わり、帰宅すると「辞めたい、辞めたい」と言っていましたが、今、やっとわかりました。私は辞めたいとは全く思っていませんが、確かに大変な半年でした。手技、薬、患者さんの状態・・・覚えることがたくさんあります。入院されたら短期間で退院されます。様々な情報に追いつけていない。こんな私で患者さんにとって良いのかと不安の半年でした。
(大野) 私はSCUで働いていますが、入院してすぐ入る病棟なので、もし何かあったらどうしようというプレッシャーがありますし、日々の業務をこなすのに精一杯な状態でした。毎日、目標と計画を立てますが、イレギュラーな仕事が入ってくると、それに時間が掛かり、余裕を持てない半年でした。
(山崎) 私はHCUに配属になりました。術後すぐの重症の呼吸器疾患の患者さんの対応をするので、常に緊張をし、入職間もない頃は、委縮して声も出せませんでした。何をしたらいいのか、何を質問したらいいのかさえわからない状態がしばらくありました。


この病院に就職してどうでしたか。

(坂口) 私はこの病院のグループで介護職として働いていたので、考え方にも共感しており、この病院で働きたいと思っていました。新人に対してとても親切で、親身になって一つひとつ丁寧に指導してもらえるのが有難いですし、良い職場環境で働くことができています。半年が経ち、徐々にいろいろなことができるようになってきているので充実感は増えて来ました。
(大野) 学校の友達と脳外科はしんどいから絶対にやめておこうと言っていました。たまたま、合同説明会で説明を聞いた時、「仕事が楽しいです」と看護師の方が言われたことに驚き、しかもイキイキされていたことで気持ちを動かされました。入職して思うのは、話しやすい職場環境で、先輩の配慮を感じますし、そのおかげで自分にできることが増えてきているので、私もここでイキイキと働けるようになりたいと思っています。
(山崎) 私は、看護学校の一年先輩が昨年からこの病院で働いていたので、病院見学に来ました。とても、親身になって接して下さるので、直感でこの病院に決めました。入職後も見学に来た時と変わらず、どの先輩も親身に指導して下さるので、「こういう時は、こうする」といったことがわかるようになり、できることが増えて来るのが楽しくなってきました。


下半期に向けての目標を教えて下さい。

(坂口) これまでの半年は、自分のことで精一杯でした。つまり、やるべき仕事を覚えて、こなしている毎日でした。しかし、後半は、もっと患者さんに目を向けたいです。患者さんは今、何を思っているのか、どう接するのが適切なのか、患者さんをよく見て、観察して、看護師になりたいと思った時の「もっと関われるのではないか」という想いを仕事として体現していきたいです。
(大野) まずは日々の業務をその日のうちに終わらせるようになることですね。たまたま、入職時に担当していた患者さんが認知症のレクリエーションに来られており、再会しました。「あんたのこと、覚えてるよ」と言って頂き、とても嬉しい気持ちになりました。もっと患者さんに向き合って、看護をしたいという気持ちになりました。
(山崎) これをしないといけないという予定をこなすことで精一杯でしたが、入職時に比べると少しは余裕も見えてきたので、患者さんやご家族の気持ちを汲んで、それに対してどうしたらいいのかを自分自身で考えるように仕事に向き合っていきたいと思います。




PAGE TOP