看護部サイトへようこそ
新人看護師のあゆみ

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

2020年度入職の新人看護師に上半期を振り返ってもらいました。


第一弾として、2名の新人看護師(松浦亜依 柳 尚輝)にインタビューしました。

なぜ、看護師になりましたか。

(松浦) 祖母が入院している時に見た看護師の姿がきっかけでした。また、近親者が脳卒中になった時に、そばにいて何もできないもどかしさや無力さを感じた時に、医療に関する知識があれば自分にも何らかの関わりができ、救える命もあるのではないかと思い看護師を目指すことにしました。
(柳) 私は親が介護の仕事をしており、よく仕事の話を聞かせてくれました。様々な話を聴いているうちに、影響を受けたのだと思います。免許のある仕事は生きていくうえでも大きな支えになるというアドバイスもあり、看護師を目指すことにしました。


半年を振り返ってみて下さい。

(松浦) まだまだ、一人前にはほど遠いというのが正直なところです。自分がどのように人の命に関わっているのかということもわからずに仕事をしています。覚えないといけないこともたくさんありますし、覚えていない状態で仕事を進めるので時間もかかりますし、今はやるべき業務をこなすのが精一杯という状態でした。
(柳) 私もよく似た状態で、やるべき業務をこなすのが精一杯でした。SCUに配属され、入院から退院といった流れの中でしっかりと退院支援が学べるのは良かったです。入院時の看護、退院に向けての看護の違いなどです。ただ、異常があったら先輩はすぐ気づくが、私は気づけていない、急変時にどうしたらいいかすぐ判断できないなど、まだまだ課題山積の状態です。


この病院に就職してどうでしたか。

(松浦) まず、この病院を選んだのは近親者が脳卒中を抱えていたというので脳外科の分野で働きたかったというのが大きな理由です。この病院で働いて感じるのは先輩たちがとても優しいことです。私は迷惑をかけないように仕事に取り組もうとしていますが、例えば、仕事が遅くて帰れない時もつき合ってアドバイスして下さるので、気持ちも楽になり、仕事も一つひとつしっかり覚えていくことができます。
(柳) 私がこの病院に就職した決め手は自宅から近いことが挙げられます。職住接近にこだわりがありました。 この病院に就職して私が良かったと思うことは、先輩たちができない自分に対して、もちろん叱られることもありますが、投げやりにならずにきちんとした指導を日々して下さることです。それに甘えていてはいけないのですが、そのおかげでやる気になり、少しずつでも成長している実感わ持ちながら仕事に取り組めているのが良かったです。 


下半期に向けての目標を教えて下さい。

(松浦) まずは、夜勤の仕事に慣れることです。夜勤3回目までは補助がありますが、それ以降は1人で対応しなければなりません。それをしっかりできるようになりたいです。担当の患者さんを受け持つようになるので、退院支援の際に他職種との連携もできるように努力していきたいと思います。
(柳) 入院時の書類作成をしっかりできるようになること、術後ドレーンが入っている人を看ることができるようになることを目標にしたいと思います。そのためにも、自分からもっと積極的に教えてもらう機会を作り、SCUでは学べないことを学んでいきたいと思います。その他、急変時にパニックにならないように、冷静に対応できるようになりたいです。わからないまま先輩を頼るのではなく、どうするかを考えられるようにしていきたいです。




PAGE TOP