看護部サイトへようこそ
新人看護師のあゆみ

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

2019年度の新人看護師に新人時代の後半を振り返り、2年目に向けての抱負を聞いてみました


患者さんの退院支援に対してさらなる関わりを2年目の課題として取り組んでいきたい

伊東 葵
私が看護をする上で大切にしているのは、患者さんの話を最後まで聴くことです。仕事に追われてゆっくりと患者さんの話を聴けないことに悩んだこともありましたが、話を聴くことを意識するだけでも患者さんに伝わることを学びました。話せなかった患者さんが話せるようになったり、車椅子でトイレ誘導をしていた患者さんが手引き歩行で可能になったり、患者さんの回復が見えた時はとても嬉しく、看護師になって良かったと思う瞬間です。振り返ると、先輩の皆さんのおかげで成長できたと思います。ミスをしたら何がいけなかったのか一緒に考えて下さり、どんな小さなことでも私が質問をしたら全力で教えてくださり、この病院で働くことができて良かったと思います。回復期リハビリ病院に転院が決まっている患者様を受け持った際、「家族のすすめで転院するけれど、本当は家に帰りたい」と話されたことがあり、モヤモヤする経験をしたことがありました。これを機に、患者さんの退院支援にもっと関わっていくことを意識し始めました。2年目の課題として取り組んでいきたいと思います。


話しかけやすい雰囲気で接して、何気ない会話から笑顔を引き出せるような看護をしたい

王 妍蘊
この病院では患者さんへの治療やケアをする「チーム医療」が行われています。多くのスタッフがそれぞれの専門性を発揮しながら、患者の命を救っています。その一員として、自分は看護師として何ができるのかを考えながら、患者さんに合った対応や看護を提供できるように患者さんの回復過程に合った対応や看護をすることを大切にしています。一生懸命に仕事に取り組み、患者さんやその家族、院内のスタッフから「ありがとう」と心からの感謝の言葉をもらったときに看護師になって良かったと感じます。そして、様々な職種のスタッフとかかわることで見識が広がり、成長することができます。みんなの力を合わせて達成する充実感を日々得られるのも、看護師という仕事の大きなやりがいになっています。今後も学ぶ姿勢や先輩たちへの感謝の気持ちを忘れず、患者さんの状態や要望をできる限り傾聴し、少しでも多く患者さんと時間を持つことを心がけ、話しかけやすい雰囲気で接して、何気ない会話から笑顔を引き出せるような看護をしたいと思います。


主体的に行動し、多重課題の優先順位を判断し、業務のスピードアップにつなげていきたい

群馬 摂子
患者さんの側にゆっくりいる時間を持つことが難しい時もありますが、ほんの少し時間でも、患者さんと関わるといことを大切にしています。そして、患者さんを尊重した言葉かけや態度・表情で接することを心掛けています。この仕事をしていて良かったと思うのは、最初は、意思疎通が困難だった患者さんが、発語が増え少しずつ意思疎通できるようになり、食事も経管栄養から経口摂取へと回復していくプロセスに関わることができ、喜びを感じることができることです。研修では、ルートキープ、口腔ケア、ポジショニングなどいつも患者さんに行っていることを実際に体験できたことで、患者さんの気持ちや不快感を知ることができ、業務に活かすことができました。また、患者さんに対して看護することが不安で先輩に聞いてばかりの毎日でしたが、いつも親切に指導して頂きました。振り返ると、私にとって充実した成長機会を頂けたと思います。2年目はもう少し主体的に行動したいと思います。そして、多重課題の優先順位を判断できるようになり、業務のスピードアップにつなげていきたいです。


患者様の退院後の生活を見据えて、ベストな方法で生活スタイルが保てる支援していきたい

梶本 慈子
この病院で働いてよかったと思うのは、様々な手技につき、先輩から教わったり、研修等へ参加して身につけることができたことです。先輩は私にとってどうすれば学びとなるのかを考えて指導下さいました。また、プリセプターの方には1年間親身になって寄り添って頂き、本当に有難い思いでいっぱいです。輸血研修では初めて輸血について教わることができ、一次救命措置の研修では実践の練習を何度も体験でき、とても有意義な学びの機会を得られました。そんな環境の中で、患者様の異常に気付いて報告し、そこから新たに治療が始まったことや患者様に「ありがとう」と感謝された時や、日々少しずつ様々な手技が習得できていることなど嬉しい経験をたくさんできました。私が、看護をする上で大切にしていることは、相手の立場に立った対応や言葉使いに気をつけるようにしていることです。患者様が不愉快な思いをしないようにすることを特に意識しています。今後は、患者様を受け持ち、具体的にその患者様の退院後の生活を見据えて、その患者様にとってベストな方法での生活スタイルが保てるよう支援していきたいです。


自己研鑽し、一人前と言われるようになり、後輩のお手本になれるように頑張りたい

王 可佳
この病院に勤めて良かったのは、みんなが優しくて、仲間がたくさんいると実感できることです。新人研修の時は、教えてくれる皆さんが、新人の私たちのことを考えて、とても詳しく、丁寧に教えてくれるのが印象的でした。そして、同期のみんなも「一緒に頑張ろう」という雰囲気でした。職場においても、わからないことや困ったことがあるとき、他のスタッフに聞くと、丁寧に優しく教えてくれます。皆さんが熱心に看護をしているのを見て、私もさらにやる気が出て、いい刺激をもらえています。私自身は、看護をする上で、患者さんの健康を守り、心を癒せるような関わりをすることを心掛けています。そのためにも、知識を増やし、視野の広い観察や適切な判断することが大事であることを学びました。麻痺などで動けなかった患者さんが少しずつ車椅子に乗り、歩行している姿を見た時、患者さんから「ありがとう、頑張ってね!」って言われる時など看護師になって良かったと思う瞬間もたくさん経験できました。新人時代は終わりました。自己研鑽し、一人前になれるように頑張ります。後輩も入ってくるので、お手本になれるように頑張ります。


自分が苦手だなと思う部分を少しでも埋めて行くことができるように頑張りたい

吉岡 里美
看護師になって嬉しかったことは、患者さんからお礼を言われた時、名前を覚えてもらって呼んでくれた時。自分がアセスメントして行った看護が功を奏して良い結果として表れた時です。これも、先輩の皆さんが業務を通して勉強してきた結果を全力で返してきてくれ、不安や心配事などメンタル面のサポートも手厚いので、安心して伸び伸びと働けるおかげです。私が看護をする上で大切にしていることは、患者さんに優しく丁寧な言葉でゆっくり話すようにしていることです。また、「本当にこれで良いのか」と患者さんに対して行ったケアに対して疑問を持つようにしています。そして、退室する時は一度患者さんとその周囲を見渡して何か見落としている点はないかどうか確認してから離れるようにしています。入職して1年が過ぎましたが、まだまだわからないことや不安なことがたくさんあります。私自身、焦ってしまうことも多いですが、焦らないようにするにはどうすれば良いのか振り返りを行い、少しずつでも着実に成長していきたいと思います。2年目となりこれまでカバーしてもらっていたことを自分でやらなければいけなくなってくると思います。自分が苦手だなと思う部分を少しでも埋めて行くことができるように頑張りたいです。


患者さんやご家族の意向を知り、退院後を意識した関わりを他職種と連携しながら行いたい

袁 琳
私は看護をする上で、患者さんを中心にして看護すること、患者さんに寄り添い傾聴し、丁寧に接していくということを大切にしています。患者さんを尊重し、しっかり説明をして、理解を得ることを心掛けています。入職一年間、不足しているところいっぱいありますが、それでも、患者さんから「しっかりとやってくれてありがとう」と言われた時、とても嬉しく、看護師という職業にやりがいを感じています。この病院では、困った時やわからない時に、上司や先輩が優しく丁寧に、また熱心に教えて下さいます。そして、その都度、私の成長も認めてくれるので、どんどんやる気が増して来ました。新人同士も、研修を通じて、自分ができることや不安なことを共有し、共に不安を解消し、お互いに支え合える仲間として成長してきたと思います。今後はご家族との関わりにも目を向けて、患者さんやご家族の意向を知り、退院後を意識した関わりを他職種と連携しながら行えるようになりたいです。そして、チームの一員として病院にとっても役に立つ看護師になれるように頑張ります。




PAGE TOP