看護部サイトへようこそ
新人看護師のあゆみ

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

2019年度入職の新人看護師に上半期を振り返ってもらいました(第二弾)。


第二弾として、3名の新人看護師(写真左より王妍蘊・ 伊東葵・群馬摂子)にインタビューしました。

看護師になり、約半年が経ちますが、振り返ってみてください。

(王)日本で生活をしていますので、日常会話は日本語を使えますが、仕事の様々な場面で、日本語の表現の難しさを痛感する半年でした。患者さんやご家族の想いをどうすれば正確に理解できるのか、また、どうすれば私の想いが伝わるのかということを悩みながら仕事をしていた半年でした。
(伊東)私は患者さんとの時間を大切に関わりたいという想いが強いのですが、入職後は覚えることが多過ぎて、それらに取られる時間の中で仕事をしており、患者さんと話せる時間をうまく取れていませんでした。最近、記録を書くスピードも速くなり、やっと患者さんと話せるようになった実感があります。話ができない患者さんもいらっしゃいますが、それでも毎日、毎日関わる患者さんの目線に合わせてしゃがんで話す余裕が少し出てきました。
(群馬)私も患者さんとのコミュニケーションを図る時間が取れずに悩んでいました。先輩の仕事を観ていると業務をこなしながらも、聞き出すべきことを雑談の中でうまく引き出し、仕事の手際が良く、学生時代からやることが遅い私には「いつかはこんな風にできるのだろうか」と不安の毎日でした。半年でできることは増えてきましたが、時間が掛かるのか課題です。


この病院に入職してよかったことは何でしょうか。

(王)先ほどもお話ししましたが、日本語の表現に悩みを感じていますが、看護師をはじめとして先輩たちが優しくフォローをして下さるので、私はとても働くことに喜びを感じることができています。また、中国の看護と日本の看護には大きな違いがあります。中国でライセンスを持っている私が、この病院で日本の看護を経験できることに大きな意味を感じています。
(伊東)例えば、くも膜下出血で入院された患者さんの話です。入院直後は、発語なく、食事もほとんど食べることができない状態の患者さんに対してケアをしていくのが看護師の仕事です。その患者さんの状態をしっかり理解したうえでケアしていきますが、徐々に食事が口から食べられるようになり、モノが言えるようになり、2ヶ月後に回復して退院されるプロセスに関わることができるのです。患者さんのそばにいて、一緒に喜びを分かち合いながら仕事を経験できるのが脳神経外科病院である当院に勤めたからできる経験だと思っています。
(群馬)私はヘルパーをしていました。子どもがいたので躊躇しましたが、看護師になることを勧められて看護師になることにチャレンジしました。思った以上に大変責任の重い仕事で、それだけに大きなやりがいもあり看護師になってよかったと思っています。この病院の先輩方は、入職した最初からとても好意的に接して下さり、やることが遅く、「ダメだなあ」と感じている自分に対しても、ちょっとしたことで褒めてもらい、本当に支えてもらっています、そういう職場とご縁があり、働けていることがとてもラッキーだと思っています。


下半期に向けて抱負を聞かせてください。

(王)私は患者さんと接する時に先輩に頼らずに対応できるようになりたいと思います。記録を書くのは難しいですが、それも克服したいと思います。日本語の接続詞、看護用語、薬の名前などもしっかりと覚えて、書けるようにしていきたいと思います。
(伊東)入院時の観察項目に悩んでいるのが現状です。それは、疾患が理解できていないからだと思うので、疾患の理解に努めたいと思います。また、患者さんの環境整備に細やかに配慮できる看護師でありたいと思います。
(群馬)私も疾患についてはもっと勉強していきたいと思います。そうすれば、いろいろな患者さんに対する関わり方の幅も増え、この仕事の楽しみがもっと深まるような気がします。優先順位を考えて仕事を組み立て、手際よく仕事ができるようになりたいです。




PAGE TOP