看護部サイトへようこそ
新人看護師のあゆみ

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

2018年度に入職した4名の新人看護師に半年間を振り返ってもらいました。


新谷田 敦
今元 真季
上田 愛美
西田 幸治

この病院に就職したのはなぜですか。

(新谷田)私は、就職先を決める際に重視していたのは、職場の人間関係の良さです。チームワークが大切な仕事だと思うので、病院見学でも働くスタッフの皆さんの仕事ぶりを拝見し、話をさせて頂くようにしていました。この病院を紹介頂き、看護部長や師長、看護師の皆さんとお話をさせて頂く中で、一人ひとりがしっかり時間を取って向き合って下さり、この病院で働いてみたいと思いました。
(今元)以前、この病院の放射線科で助手をしていました。その時、救急対応をしている看護師の方を見て、「看護師って凄いなあ!」と憧れ、自分も看護師になろうと思いました。そして、看護師として就職試験は、一番にこの病院を受験しました。チームワークの良さだけでなく、日常的にスタッフ同士仲が良いので働きやすかったというのが理由です。
(上田)実習でお世話になった病院の一つがこの病院でした。それぞれの病院に、それぞれの良さや特徴がありましたが、まだ歴史が新しく、明るい雰囲気のこの病院をとても気に入りました。実習では、学生の私の意見も真剣に聞いてもらえ、また、私の考えを受け入れて下さり、その上で的確な指導を受けることができ、一人ひとりのスタッフを大切にしている印象が強かったのが、この病院で仕事をしたいと思った動機です。
(西田)就職活動において、様々な病院に訪問しました。忙しくて疲れた表情でお仕事をされている方が多い印象を感じた病院もいくつかありました。余裕がないと良い仕事はできないだろうなと感じました。この病院でHCUの見学をした際に、真剣に仕事に取り組まれていながらも、スタッフ間に笑顔があり、チームとして連携し合っている印象を受け、この病院で是非働きたいと思いました。


半年を振り返ってみてください。

(新谷田)業務やマニュアルを覚えるのが今もなお大変です。不器用な面があり、迷惑を掛けていると思っていますし、同じ失敗を数回繰り返すこともあり少し焦りを感じることもあります。ただ、プリセプターの先輩が中心になって丁寧に指導して下さるだけでなく、すべての先輩が私を育てようとしてくださっていることに有難く感じています。「何か、困っていない?」と、仕事の合間にお声掛け頂き、「仕事が難しい時は、「一人で抱え込まないで、私たちに相談してね」と焦っている私が、冷静になれるように配慮頂いています。
(今元)業務をこなすことで、精一杯だったというのがこの半年です。業務がどんどん重なっていき、その時々に適切な判断がすぐにできないので、時間が掛かってしまいます。また、段取り通りいかないことも多く、常に焦っている状態だったような気がします。ただ、時としてうまくいった時は、冷静に振り返り、なぜうまくいったのかを分析し、次に活かすようにしていました。
(上田)私は、とても内気な性格なので、できていない自分に苛立ちを感じ、そのため、スタッフの皆さんともなかなかな馴染めずに、自分で殻を作っていました。ある時、院外研修に行かせてもらい、それはストレスについての研修でした。研修を受け、自分の現状を知ることとなり、先輩方に相談もせず、心にいろいろなものを溜め込むのは止めて、殻を破り、笑顔で仕事をするようになりました。以前に比べると、自ら報告・連絡・相談を行うことができてきていると思います。
(西田)SCUは3名の患者さんを担当できるようになるのが目標ですがまだ、目標には到達していません。自分でいつ、何をすると決めることができる仕事だけだと問題はありませんが、予定していないこと、予測していないことの対応もありますので、時間内に仕事が終わることができない状態が続いています。これは、自分ですべてをしなければならないという思いが強かったせいですが、プリセプターの先輩は、「みんなで声を掛け合って、できる人がすればいい」と教えて下さり、やっとそういう風に仕事を取り組めるようになったところです。


新人看護師として、後半の抱負を教えてください。

(新谷田)入職半年を経て、業務やルールだけでなく、職場の雰囲気やスタッフ一人ひとりの人柄がをわかってきました。先輩方は、今までの知識と経験を活かし自信を持って仕事をしているように感じています。私は、その域にはまだ達していませんし、すぐになれるものだとは思っていませんが、そうなれるようにするためにも、まずは、ぎこちなさをなくし、仕事がスムーズに進めることができるようになりたいと思います。そのためには、マニュアルをしっかり理解し、連携の基本を学びたいと思います。
(今元)夜勤が始まるので、患者さんへの対応がうまくいくように慣れていきたいと思います。日勤業務においても、まだ、先輩が補助して下さっていることが多いので、早く、独り立ちできるようになりたいです。先輩たちは、私をチームの一員と認めて下さっていますが、私の中では、自分のことで精一杯で、他の人のことも見ながら、自分から手伝える状態ではありません。早く、そうなれるようにし、名実ともにチームの一員となりたいと思います。
(上田)夜勤業務が始まり、受け持ち患者の人数も当然増えていきます。夜勤業務があり、仕事が増えたから、仕事ができないということは避けたいので、自ら進んで考え、動いていきたいと考えています。そのためには、わからないことを自分の中に溜め込まず、報告・連絡・相談を積極的に行い、スタッフとの関わりを大事にしていける看護師でありたいと思います。
(西田)私も、まずは夜勤業務に慣れることを目標にしたいと思います。日勤業務においては、時間内に終わることが以前に比べると増えてきましたが、それでも細かいところを含めて考えてみると、まだまだタイムマネジメントが下手だと思います。もう少し手際よく、一つずつではなく、マルチに仕事を行えるように広い視野を身につけたいです。新人だからこの程度だと決めずに、高いレベルを目指してストップをかけないことを意識し、特に積極発言を心掛けたいと思います。



PAGE TOP