看護部サイトへようこそ
新人看護師のあゆみ

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

2018年度の新人看護師に新人時代の後半を振り返り、2年目に向けての抱負を聞いてみました



「患者さんを自分の家族と思って看護する」を大切に、一生懸命にケアしていきたい

今元 真季

日勤だけでなく夜勤をするようになり、1人で看護する患者さんの数も増えたことで多くの経験をするようになり段取り良く仕事ができるようになりました。先輩の助言もあり、仕事の優先順位のつけ方がわかるようになってきました。それと、整形外科から脳神経外科との混合病棟に異動になり、これまでは、すべて先輩に頼ってばかりでしたが、脳神経外科の経験しかない先輩から整形外科に関することで私を頼ってくれることがあり、頼られることに喜びを感じ、やっとチームの一員として認められた気分になれました。とはいえ、患者さんの退院支援をする上で、もっと患者さんの全体像を理解して看護をしなければならないと感じています。その為には、先輩看護師がどのように情報収集を行い患者ケアをしているのか学びたいと思います。また、患者さんだけでなく、ご家族へのアプローチをもっと積極的にしていきたいと思っています。何を聞いたらいいのか、どのようにコミュニケーションを図ればいいのか、難しいことですが、乗り越えていきたいと思います。入職2年目となり、頼れる先輩でありたいですが、私が力になれることは力になりたいと思います。そして、学生時代から看護師として大事にしていきたいと思っていることを胸に頑張りたいです。それは、「患者さんを自分の家族と思って看護する」ということです。実際には、感情移入し過ぎてもよくないのですが、もちろん、冷静さは保ちながらも、それくらい一生懸命にケアしていきたいと思います。



課題を意識しつつ、「笑顔で接するのが一番」を2年目になってからも大事にしていきたい

上田 愛美

私は、とにかく自然な笑顔が増えました。看護師の表情が暗いと、患者さんの気持ちも暗くなると思います。明るい表情で患者さんにあいさつすると患者さんもとても喜んでくださるので、今、仕事が本当に楽しいです。最初は、目先のことしか見えていませんでしたが、今では、患者さんの置かれている環境を観察できるようになり、看護をしている実感が増えてきました。忙しくても優先順位をつけ、看護をしているので時間内に仕事が終われるようになれたことも喜びの一つです。退院支援において方向性を提案できるようになることが今後の課題と思っています。先輩たちの関わり方を見ていると、患者さんから、あるいは、ご家族からの情報収集において、自立の度合いのアセスメントが立体的です。例えば、自宅の階段の数、高さといったところまで想定して、支援の方向性を検討されています。患者さんの生活をイメージして、退院支援ができるようになりたいと思います。新人が入職してきますが、知識や技術の指導はまだまだできないので、そこは先輩たちにお任せしたいですが、自身の新人時代の経験談を話したり、時には食事に誘って精神面でフォローしたいと思います。私は、課題を意識しつつ、「笑顔で接するのが一番」を2年目になってからも大事にしていきたいと思います。



すぐに習得できないことでも貪欲さと積極性を持ち、看護の喜びをたくさん作っていきたい

新谷田 敦

この半年、夜勤の経験のおかけで効率的に仕事をできるようになりました。そして、これまでは緊張をしてぎこちない動きを感じていましたが、余裕をもって仕事ができるようになってきたと思います。それと、徐々に知識がつき、報・連・相も適切にできるようになり、においても、カンファレンスでも自分の考えや意見を述べる機会が増えてきたように思います。全体的に、仕事の準備がスムーズになってきました。ただ、基本的なアセスメントを深めるためにも、もっと知識を習得する必要があると実感しています。特に、疾患についての知識はまだまだ足りていないというのが実情です。専門書を読むだけでなく、経験豊かなチームのベテランの先輩たちに質問して、教科書や参考書ではすぐに習得できないことを貪欲に身に着けていく積極性を持って取り組みたいと考えています。私は要領が悪いと思っているので、「自分は要領がよくない」と感じている新人が入職してきたら、できる限りのフォローをしたいと思います。患者さんがよくなって退院された後、ご家族がわざわざ謝意を仰って下さり、この仕事をやってよかったと感じる瞬間があります。仕事にネガティブになった時もありますが、そういう喜びをもっとたくさん作っていきたいと思います。



「もっと知識! もっと技術! もっと経験!」と磨きをかけて、自分の看護に自信をつけたい

西田 幸治

自分で考えるようになってきたというのがこの半年間の変化だと思います。例えば、便秘の患者さんに対して、すぐに薬ではなく、一度温めてから様子を見るように勧めたとします。そして、それにより便秘が解消されたとします。こんな風に、自分で考えたことを、患者さんに提案し、うまくいくというケースが増えてくることで、この仕事から得られる喜びが日増しに増えているという感じです。今後、意識したいことは、記録を丁寧にしていくことです。特に、「伝わる」を大事にしたいと考えています。患者さんにとっては、看護師は毎日変わります。そのたびに、不安や戸惑いを感じることもあると思います。私から引き継いだ看護師が、何から手を付けたらいいかわかるように、私はしっかりと記録が書けるようにしていきたいと考えています。2年目になりますが、先輩面するつもりは一切ないですが、「教えてください」と言われたら教えられるようにもっと自分を磨き、自分の看護に自信をつけたいと思います。そのためには、「もっと知識! もっと技術! もっと経験!」と思っていますが、その中でも、とりわけ解剖生理学を学び、人間の体の仕組みをしっかり勉強し、理解したいと思います。





PAGE TOP