看護部サイトへようこそ
新人看護師のあゆみ

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

9月の日記 仕事に慣れてはきたけれど、また新たなる課題が・・・

看護師になって半年が経とうとしていますが、仕事は楽しくなってきましたか?

高橋 看護師の仕事のおもしろさを感じるようになってきました。入職して初めの3ヶ月と比べると仕事の効率も良くなってきたので、次はどうしようと考えることができるようになりました。時間に余裕も出てきたので患者さんと接する時間が増えて来たのも大きいと思います。

紫和 もちろん、初めと比べると仕事に対しての理解は深まっていますが、どんどん仕事のレベルが高くなっているので、今は正直言って必死で頑張ってます。初めは軽度な患者さんを一人だけを担当していたのですが、今は重症度の高い複数の患者さんを担当しているので、観察点も増え、仕事の手際よさに加えて、さらに知識や技術の習得していくのが大変です。

天野 入職3ヶ月頃とは180度一変したと言ってもいいくらい新たな壁にぶつかっています(笑)。もちろん、知識や技術は身に付いてきました。しかし、昨日できていたことが今日できないとか、スタッフとの連携がうまくいかないとか…うまくいかないことで落ち込むことが多くなってきています。先輩たちは優しいので、それは成長している証と励ましてくれていますが…。

加藤 私も3ヵ月前は意気揚々と退院支援委員会での活動を病棟で何が大切かを共通認識していくことを目標にしていましたが、思うように進まなくて自身の力のなさに課題を感じる毎日です。何かを共通認識していく上で、それを運用していくにはルールやシステムを考えないとうまく進まないということを学びました。梅田師長や谷口師長がとてもフォローして下さるので、頑張ろうという気持ちです。

看護師の仕事に喜びを感じる瞬間はどんな時ですか?

高橋 看護師の仕事の喜びという点では、やはり患者さんと接している時に感じることが多いです。自分の成長という点で言うと、例えば、血液のデータや疾患の症状から患者さんの状態を観察し、理解できるようになってきたこと、誤嚥のリスクとその理由がわかるようになってきたことは、仕事をしている上で成長を感じる瞬間ですね。

紫和 申し送りやミーティングの時に、リーダーや他のスタッフが説明していることがわかるようになってきたのが嬉しいです。また、自分が質問された時に答えることができるようになってきているのはもっと嬉しいです。

天野 患者さんに対してもっとこんなことができるんじゃないかと自分から見つけて行動している時はステップアップしている実感があり楽しいですね。患者さんに対して、計画、介入、評価というプロセスの中で、良くなってきている、成果が上がってるとやりがいを感じます。

加藤 朝のカンファレンスの時に、自分が考えたことややってきたことを病棟全体で評価したり、振り返りをしたりした時に、やってきたことが間違っていないかったことやそれを多職種も含めてスタッフ全体で共有できた瞬間は本当に嬉しいです。

さて、これから新人としての後半に入っていきますが、次の目標をお聞かせください。

高橋 軸は変わっていません。自分で考えて、行動する…ですね。目標は、患者さんともっとコミュニケーションを取れるようになりたいです。具体的には、術前の不安な時期にきちんとその不安を聞いてあげて、不安をできるだけ取り除くことができるような役割を果たしたい。また、観察項目を自分で考えられるようになりたいと思います。

紫和 今後も受け持ちの患者さんが増えてくると思います。増えたとしても時間内で仕事を終わることができるようにしたいと思います。もちろん、同時に看護の質もあげていきたいと思っています。先輩方に指導頂く際にもできる限り迷惑を掛けないようにし、行動を素早くできるようになりたいと思います。

天野 私も受け持ちが増えてくると思いますし、夜勤もしっかりとやっていかないといけないと思います。一日も早く先輩方の手も離れる状態にすることが当面の目標ですね。そのためにも、自分で観察、ケアができるようになりたいです。

加藤 患者さんやご家族との関わりを深めるために、もっとそういう時間を作っていけるように努めたいです。そして、仕事をする上では、バタバタとせずに、時には足を止めて余裕を持って取り組みたいと思います。



PAGE TOP