看護部サイトへようこそ
新人看護師のあゆみ

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

11月の日記


半年過ぎると仕事が楽しくなるってホントだった。毎日が楽しくなってきた!

村上美波

ひとり立ちして不安でいっぱいでしたが、自分でやらなきゃと奮起してやってみたら、できていく自分を実感し始めてどんどん仕事が楽しく感じています。これまでは一つのことに集中し、他のことができていなかったり、やるべきことの時間管理もできておらずに先輩に指摘されたり…。振り返ると先輩たちに甘えていたのだと思います。今は、時系列にしっかりと計画し、その都度スケジュールをチェックし、時間通りやれている、記録もしっかりとできているという実感があります。ある種の達成感と爽快感を感じながら仕事ができるようになりました。ただ、まだまだレベルの高いことも求められるし、自分もレベルアップしたいので今までやり残した勉強は言うまでもなく、来年4月に新人が入職してくるまでは逆にもっと先輩たちに甘えていろいろな知識や技能を盗んでいってやろうと思っています。それくらい先輩方に可愛がってもらっているので職場が楽しいです。そして、残りの新人時代を自分の経験が来年の新人に役に立つ話になるくらいの仕事をしていきたいと思います。

今の私にもできる看護があるということを大事にしていきたい

阿部冴菜

自分の看護に変化が見えてきました。一回、一回、処置について同じことを聞いていたらいつまで経ってもダメなままだと思い、夜勤をきっかけに自分で判断してするようになりました。アセスメントが大事なので、それを高めるということが課題の私も9月、10月に比べると少しは向上してきたと思います。それと、最近、嬉しいことがあり、大事なことを気づくきっかけとなりました。入職した4月、5月に整形外科で入院されていた患者さんが、脳の疾患で来院された時のことです。「阿部ちゃん、頑張ってるか?」。私のことを覚えて下さっていました。家族からもその時のことを感謝されました。とても嬉しかったです。今振り返るとまだ余裕はなかったので、できているという意識はなかったのですが、患者さんやご家族はそんな私でも不安に思っていたことややってほしいと思っていたことに対して支えられていると感じられていたようです。看護ができているとは思っていなかったけれど、看護をしていたのかもと…。一人前にはなれていませんが、今の私にできる看護もあるということを大事にしながら仕事をしていきたいと思います。



PAGE TOP