看護部サイトへようこそ
新人看護師のあゆみ

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

病棟の流れや看護業務は少しずつ分かってくる


基本的なタイムマネジメントを身につけたい

村上美波

私は入職時、申し送りされている言葉がチンプンカンプンで、「もうだめだ」と思っていましたが、3か月間を過ぎることから、病棟の流れや看護業務は少しずつ分かってくるようになりました。しかし、まだまだ、仕事の展開が早くてついていけてないというのが正直なところです。頭ではわかっているのですが、いざ実践の機会となるとなかなか自分を活かせません。例えば、タイムスケジュールをつくり、入念に準備するのですが、イレギュラーなことが起こると咄嗟に段取りをすることができず、焦ってしまうことも多々ありますした。周囲の皆さんに迷惑をかけているのではないというプレッシャーも加わり、さらに焦ってしまうという有様でした。ただ、プリセプターの先輩が自分の新人時代の話をしながら私の今を励まし、指導してくださったりするので、そういう支えもあり何とかこの壁を乗り越えたいと思っています。また、看護部長もこういう話を聞いて、「入職時より今の自分を比較すると成長していると感じませんか。自分をあまり責めずに、できている自分を認めながら、一つ一つ学んでいけばいいよ」と私の立場に立って励まして下さり少しホッとしました。焦りをなくすことは難しいけれど、まずは、基本的なタイムマネジメントを身につけるようになりたいと思います。

自分がチャレンジしたいことをアピール

阿部冴菜

入職し3ヶ月目の6月の初め頃は、日が経つにつれてだんだんとしんどい気持ちになってきて「辞めたい」という気持ちが強くありました。それは、「できていない」「わかっていない」という事を自覚し始めた時でした。勉強は追いつかない、看護技術も追いつかない…焦りと不安の毎日でした。そんな時に40代の患者さんが、「新人なんやろ?頑張りや!」と励ましの言葉をかけてくださり、心配をかけてはいけない、しっかり頑張ろうと思いました。また、私が勤務している病棟は、PNS(パートナーシップナーシングシステム)で看護を行っているため、2人で1人の患者さんの看護を行うので新人でも安心して看護ケアを行えます。が、先輩看護師に頼るのでなく、自分の意見を言えるように頑張っていきたいと思います。これまでの私は自分からアピールをするということはなかったのですが、先輩たちに自分がチャレンジしたいことをアピールし、技術の習得を図ることにしました。先輩たちも、私が何をしたいのかがわかるようになったからなのか、私に対して声をかけて下さる機会が増えてきました。おかげで、勉強になる機会も増え、徐々に看護をすることが楽しくなってきました。



PAGE TOP