看護部サイトへようこそ
新人看護師のあゆみ

弘善会
矢木脳神経外科病院
〒537-0011
大阪市東成区
東今里2丁目12番13号
TEL:06-6978-2307(代表) 

ちょうど入職1ヶ月が経ちました。


患者様やご家族を不安にさせないコミュニケーションを

阿部冴菜

「わたしたちの看護でHAPPYをつくりたい」病院という考え方に共感し、この病院に入職してちょうど1ヶ月が経ちました。私は、整形外科にいますが、この1ヶ月は先輩に付いて頂きながらバイタル、トイレ介助、点滴などをしました。この間に感じたことの一つ目は、患者様によって見方を変えるということでした。骨折をしている方の中に他の病気を抱えておられる方もいらっしゃるので、それらを考え併せて看護をしなければなりません。経験豊富なプライマリーさんに相談に乗ってもらいながら何とか頑張っているという状態です。感じたことの二つ目は、優しさだけではいけないということです。患者様やご家族を不安にさせないコミュニケーションをするためには単にコミュニケーション技術を磨くだけでなく、やはり知識や技術の裏付けをしっかり持たないといけないと実感しました。そこで、当面は骨折に関する知識、症状別看護、看護技術の3つのテーマについて勉強し、奮闘したいと思っています。

3か月後の私を楽しみに今を乗り越えたい

村上美波

脳外科やオペや救急などの件数などから看護の魅力を、ホームページを見て人間関係や職場の雰囲気の良さを感じたのでこの病院に入職しました。正直な話、この入職してすぐはリアリティショックに悩みました。これまで学校で学んできた教科書に書かれていることと現場で起こっていることの違いにとても戸惑いました。脳外科=難しいイメージ。教科書だけでは追いつかなくて、今は分厚い参考書を購入して、わからないことはすぐ調べて、コツコツと学ぶ癖をつけ、しっかりと実践で活かせるようにと頑張っています。ただ、参考書を調べたからと言ってすぐに対応できるわけではなく、現場にいると焦りも多々感じます。また、何がわからないかがわからなかったり、どこをどう調べたらいいのかわからなかったりという時は本当に気持ちが滅入ります。でも、先輩たちがとても親切に教えて下さるのと「3ヶ月経てば楽しみが増えてくるよ」といった感じで励まして下さるので、大変なのは大変なんですが、3ヶ月経つのを楽しみに今の大変さを乗り越えようと頑張っています。



PAGE TOP